02

07

コメント

欠席も三日目

全然幼稚園に行けていないので、集金やら持って行く手紙やらがたまっていて忘れそうです。
今年はインフルエンザが流行っているそうで、いや、毎年流行っているんですけど今年は特にひどいと情報番組で見ました。
罹患するわけにはいかないね。

今更なんですが義理の実家との距離を測りかねていて、私にとってはどうあがいても義理の実家なので、やはり実の親のように思えと言われてもそれは無理なわけで、いや、いい人たちなのは百も承知です。
意地悪されているわけではないどころかとても親密にしてくれている、ありがたい話ではあるんですけど。
私には、離れて暮らしてはいるけれども、本当の、生みの育ての親がいるわけなんですよ。
それをわかって欲しい、ってだけなんですけど。

わからないよな…

ってな感じです。

同性カップルが子供を持つ、というのをテレビでみました。
しかしやはり世間的には難しい。
少子化だなんだ言ってんならどんな人にも子供を授かれるようにしろよと私は思うんですけど、そうは問屋が卸さねーつーか子供はどうしたって男女間でしか作れないそんなシステムを人類は搭載しているので根本的に問題は山積みのようです。

子供なんて誰が産んでも育ててもいいじゃねえかとは思うんですが。
ドラマ「anone」でもそんなやりとりがあって、あそこ素晴らしかったと思う。
そうやって、実の親だとかそうじゃないとかそんなのは関係ないと言いつつも、私は実のお母さんを大事に思っている。
矛盾してやしないか自分とつっこみつつ、しかしとてもありがたいことだと思います。




web拍手 by FC2

02

07

コメント

海月姫のクソ独自理論

2話3話と飛ばして(録画されていなかったため)海月姫4話を見たんですけど、もうほんと、瀬戸くんの女装以外見るところがないなあという…
テレビの紹介文に、「王道ラブコメ」とありました。
いや、一見そうなんですけど、違うじゃないですか。
海月姫は「蔵之介がお母さんを求める物語」じゃないですか。(いや、この解釈が歪なのはわかってます。でも、最終巻を読んだ後、蔵之介が「日出処の天子」の厩戸皇子とかぶったんですよ、悲しすぎる)
女装も、お洒落も、月海への執着も、目的はお母さんに会いたいという願望があった。

月海もお母さんを亡くしていますが月海にはクラゲがいたし、お母さんにはもう会えないというのがはっきりとしていた。
一方蔵之介は、生き別れた母がいるわけですよ。
父も兄もたぶん母の居場所を知ってるのに、自分だけ知らない。
そりゃ会いたいよな。
蔵之介の月海に対する思い、ありゃ恋じゃないと、私は思ってます。
蔵之介は重度のマザコンだからまだ恋をしたことがないに1票派です。

何が言いたいのかよくわからなくなってきましたが、蔵之介はラブに足をつっこんでいないのにラブ…コメ…?みたいなクソ独自の目線で見まくりなので他人(ドラマ制作陣)の解釈入りまくりのドラマ、見づらすぎてつらい。
あとシュウシュウのキャラ変えすぎで理解するのに時間がかかる。



web拍手 by FC2

02

07

コメント

乙女心こじらせ系

色々あって、ひとりでもやもやとしている、のはいつものこと、とりあえず私がやってきたことがまたもや水泡に帰すことになりそうで、つらい。

イラつきながら、録画したテレビを見る。
ロンハーに後藤が出ていたのだ。
後藤はオシャレだということで褒められていた嬉しい。
個人的には「マフラーの巻き方が高校生みたい」と言った女性に喝采をおくりたい。
ええ事言う!
やはりジャルジャルには高校生が宿っている。

なんて言ってますけれどもね、娘がインフルエンザに罹り、まだ渦中です。
幼稚園は学級閉鎖になり、私は移されないように必死ですが具体的にどうしたらいいのかよくわかっておらず、とりあえず換気。

ああそんなこんなで炊事の一切合切が全部めんどくさい。
最近は野菜も肉もヘルシオにぶっこんで加熱、というのをよくしている。
魚も焼いてくれる。
何故今まで活用していなかったのか。
あとは鍋に切った野菜をぶっこみ、味噌汁orスープorシチューを仕込んで石油ストーブの上にドーン!!で放置。
買ってきた卵、絶対1個は割っている私はいいかげんなんとかしろよ。

ドラマ「anone」をやっと見る。
全体的に青みがかった画面に、広瀬すずの青いダウンジャケットがきれい。(ジーパンのラインがどんくさいのもいい)
複雑な人間関係がもつれにもつれていく感じで、人に説明するのが難しいけど、そこがいいし着地点がわからないのもいい。
ああ見ていて息詰まる。
四話のあまりの少女趣味に感動し目眩がした。
(あまりに少女趣味だったので夫は気持ち悪いと言っていた、やっぱり、やっぱりな!世間は、堕胎や流産した女のセンチメンタリズムにそうそう付き合ってはくれないのだ)
あんまり感動したので感想文を綴るもうまくいかず。
大島弓子の「F式蘭丸」や押見修造の「ぼくは麻理のなか」に通じるものがある!ということを私は言いたいんだ。
そして私はまだ厄介な乙女心を抱えているなあ!!全く厄介だ!!


まあ…いいか…。

寒い、水がつめたい。口に含むと歯がキーンとなるくらい。
でも相変わらず水で顔を洗っています。不動明王の水、です。 web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad