12

19

コメント

うるせえ馬鹿と叫びたい

私ってばなんでこうなんだろう、いやだいやだいやだと落ち込み、絶望的な気持ちでフローリングの床を眺め続けていたら、あらもうこんな時間!ってさらに落ち込んだりして…なんなんこのクソ無駄なじかんは!?

正しい人と居るのは疲れる。
正義は疲れる。
正義の押し付けは疲れる。
それが、私のための正義であっても、私が望んでいなければそれはただの思い込みだ。
いつも私の気持ちはおいてけぼりで、事実のみが取り沙汰されて、私はどんどん削れていってる。

死ぬのも大変だけど、生きるのも大変で、なんだかいつも私はさみしく、焦っている感じがします。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

よりみち

世代的にちょっと合わないかもしれませんが
ぼくの地球をまもって
ってやつ知ってます?
正論かざす人っておいらの中ではもうこのマンガにでてくる玉蘭一確で、それに対して紫苑っていう人が柊海堂って人に分析するシーンがすごい納得で…そういう人に出会うと自分の中のそいつのあだなが玉蘭になります…
正論っぽい人、理屈っぽい人
うるせーな、んなこたわかった上でいってんだよ、黙ってろ
って毒づきます…心で

12

20

20:12

とり子

よりみちさま、コメントありがとうございます。

ぼくの地球をまもって、知ってますよ!ってタイトルだけで、読んだことはないですが、有名なので。花とゆめの漫画ですよね。
俄然読みたくなりました。
正論かざす人ってほんとに疲れますよね…だけど正論だから、大手を振って言い返せないというかなんというか。
親にひどいことされて、恨んでいる人に「親は大切にしなきゃ!」という正論を押し付けても無意味なだけ、というか。

12

21

12:07

このコメントは管理人のみ閲覧できます

12

24

15:55

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/977-4a81d8a4

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad