07

19

コメント

続く地獄のこと

今年、父が事故死してから、ずっと地獄が続いている。
続きすぎて、「もうなんかどうでもいい」と思ってしまう瞬間も確かにあるのだった。
私の日常的には、父が生きているときと変わらない。
ブログに綴っているように、テレビみて漫画読んで、娘と遊んで、なんだかんだメシ食ってる。
私は実家を出て10年以上経っているし、「父のいない日常」が普通になっていた。
それでも、その日常に「裁判」「検察」「弁護士」「保険」「相続」などといった単語が飛び交う。
しんどい。
そして、月に一回くらい、物凄い地獄がやってきて、死にたくなる。
号泣会見議員のように、取り乱し泣きたくなる。

そしてこの地獄は終わりが見えない。
私の日常は失われた。はよ楽になりたい。毎朝、また今日が始まってしまうって思いたくない。

…というように、私は今、自分の事しか考えられなくなっている。
父の無念を晴らすとか、もうそんな気力ない。
早く終わってほしい、なんか、そればっか考えてる。
加害者に対しても、もうどうでもいい、勝手にしてくれ、という感じ。

こんなことを思ってはいけないんだろう、人間として、と思うので、家族の誰にも言えない。

もうただ、疲れたんだよ私…

もう地獄はこりごり…
ただでさえ、毎日不安に悩んでるのに…

私は、以前、長女やから全部やったるわって意気込んでたけど、意気込み続かんかった。
情けない。泣きたい。消えたい。
早く私の人生が終わって、1000年くらい経ってほしい。さっさと過去になりたい、全部早く過去になりますように
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/830-d7e0ef10

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad