06

09

コメント

私がますます閉じこもる

あー、やっぱりキルラキルのDVD(全9巻)欲しいなあと思って、旦那に言ってみた。
旦那は、私が今年に入ってキルラキルにどっぷりハマっていることなんか知る由もないし、
そのアニメの存在すら知らないし、どうもならんかもしれん。
しかし私が、録画したそれらをどうしても消去できなくてもう何回も見ていることや
サントラも鬼リピートして聴いていることや
オープニング・エンディング曲なんか、娘がおぼえるくらいになっていることや
なんなら好きな声優なんかもできてしまうくらいの熱の上げぶり、
これはちょっと隠しておくのがつらくなってきた。

というわけで、キルラキルがどんな話なんかっていうのを説明したけれども
あまり伝わらず、
なんなら1話だけ、アニメを見てもらったのだけど
もう全然わかってもらえなかった。

なんかもう全然で、なんかいいやって、もうええわってなった。
彼はなんか半笑いで、これはないわっていうことだった。
これはないわって思うのはいいけど
半笑いなのが超絶むかついた。

もうええわ…

わたしのプレゼンが下手なのもあるけれど、
なんかもうこういうことばかりなので、私は私の世界に閉じこもる。
趣味が完全一致するような人なんてどこにもいないんだろうし。
趣味が合う時もあるけど、大体合わない。
私が大好きな漫画は旦那はいまいちだし、
旦那が面白いと思っている漫画は私にはいまいちだったりする。

私は隠れて漫画を読むし、アニメを見る。
NHKのドキュメンタリーなんかも見る。
私はNHKの、ドキュメント72時間が好きだ。
毎週は見れていないけれど、
色んな人が、いろんな境遇で、生きてるなっていうことを知ることが楽しい。
うん、私はただ「知ること」が楽しい。

だけど旦那は何でこんなの見るんだ、というスタンスで、
あ、また合わねえな…と思う。

私はますます閉じこもる。

そしてこうやってネットに逃げ場を作るのです。
ネットには、趣味の合う人がたくさんいることがわかって少し救われる。もちろんアンチもたくさんいるが。

DVDはあきらめることにした。
私が以前、旦那がワンピース(海賊のやつ)のDVDを買うのに反対したことを根に持たれていた。
あーあー、私やったらDVDあったら何十回も見るのになあ。
セリフ覚えるくらい、見るのになあ。
旦那なんか、1回見て終わりやん、そんなのあほらしいわ。
しかも私ワンピースあまり好きじゃないし…
(また合わない)

なんか、ワンピースってヤンキー趣味寄りになってきてません?
なんか、ヤン車にワンピースのシール貼ってあるのよく見る。

まあいいや、一応私の説明を聞いて、アニメまで観てくれたんだし、
旦那が歩み寄ろうとしてくれていたのは、ありがたいことだな。


高校の友達のことを思い出す。
彼女とは、まんがの趣味がよく合った。
当時、彼女に借りた漫画が素晴らしく、返すときに「これすごいよかった!!!」
「とくにあれ!」と私はその漫画の中の短編のタイトルを言おうとしたら
「○○ね!」と彼女が先に言って、そうそうそうそうそう!!ってすっごい盛り上がって、
すごく楽しかったなあ。あんなに楽しかったことなんてない。
あんなのはもう2度と味わえないのだろうな。
寂しい、泣けてくる。
彼女からもう漫画は借りられない。
もう一回あの漫画を読むしかない。
さみしい。


私の懐古趣味がどんどんひどくなっている昨今…

育児日記 ブログランキングへ

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/769-5adf6ee8

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad