03

31

コメント

ごめんなさいが言えません

私は自分がわかった。
今自分は反抗期の子どもだ。
精神状態は反抗期だ。
はいはい、あんたの言うことはすべて正しいよ、誰がどう見てもあんたが正しいよ、
でも私はそれに従いたくないの。
っていう、それだけで、その反抗心で、できてる。
素直になれない、ならない。それが苦しいのに、やめられない。

すこしまえに、にほんごであそぼの、ごもじもじコーナーで、
なんでかな ごめんなさいが いえないよ(少し違うかもしれない)
というごもじもじが紹介されていた。
私の精神状態、まさにそれ。
ごめんなさいって思ってるんだけど素直に言えない、悔しい悔しいくやしいくやしい。
たぶん、このごもじもじは4~5才の子の作品だ。
だから、私の言い分は4~5才の子が言っているのとおんなじことで、
大の大人が言っていいもんじゃない。
私はよく言われる。
おまえそれでも社会人か。
おまえそれでも社会人か。
私は俯くことしかできない、言い返せない、言い返してもそれは幼児の言い分だ。
私は黙ってしまう。
黙るなよ、黙ってたら解決すんのか。時間が無限にあると思っているのか。
動悸がする。

私はいつ大人になって、素直にごめんなさいが言えるんだろうか。
わからないけど、へ、誰が素直になるか。死ぬまで素直になってやるもんかい、ペッペッ!
とか思っている私も確かにいる。
苦しい!!!!

旦那との付き合い方が日に日にわからなくなっていっている。
どうしようどうしよう


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/702-422a9aa2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad