03

05

コメント

ヘタクソな読経と言うものはこの世に存在する

父の葬式話。

加害者登場で動揺しまくっていた私であったが、
坊主の読経が始まってから、心がだんだんと冷静になっていった。
いつもの阿弥陀経を追っていく。
うんうん…やっぱ、うちの寺の坊主…
ドヘタクソやな!!!
なんじゃなんじゃ、おいおいおい。
クソやな!!
その息継ぎのタイミングはなんなんだ。
私が読んだろか。

…てなかんじで、もう…
逆になんかありがとうつうか、いつもの読経だなつうか
お父さんも、やっぱりこのおっさんかっておもってるだろうなっつうか、
てめーふざけんなよって思った反面、落ち着けたのでよかったような気もした。

私…これからちょっとお経の勉強するわ。
あんなのの意味も分からんままこれから何回も聞くんかと思ったら知っておいた方がいいような気がする。
実家と義実家と宗派が違うから、どっちの経も勉強したい。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/678-07edb187

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad