02

12

コメント

おひさしぶりです

ほったらかしになってしまった。

私は生きていますが父が死にました。
交通事故でしたので警察やら加害者やらが絡んでわけがわからんことになり
いまだにわけがわからず動悸はするしいつでも携帯が鳴っているような気がする。

しかし元気です。
忙しいったらありゃしない。


とりあえず、今月出席する結婚式で流されるであろうスライドショーで動揺しないように
今から心頭を滅却する修行に励みたい。
ごめん、結婚する友人…心頭滅却なんて結婚式でする事じゃないけどごめん。

被害者遺族になるってのはかなりしんどいですよってことです…


また落ち着いたらいろいろ記事にしたいと思います。
それで整理をしたい、私の記録にしたい。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

ももん

とり子さん
心よりお悔やみ申し上げます。

突然の事故の報せに、慣れない事故対応とさぞかし大変な想いをされたこととお察しします。


私も26歳の時に父を病気で亡くしています。

2年ほど入退院を繰り返す闘病の末でしたので心の準備はある程度出来ていましたが、とり子さんの場合は本当に動揺されたことでしょうね。


元気にされてるとのことですが、ご無理なさらないようにしてくださいね。

02

12

13:32

このコメントは管理人のみ閲覧できます

02

12

15:41

かもめ

娘の泣き声に苛々したとき、
とり子様のブログを娘から離れた場所で読み、
現実逃避をするのが産後からずっと日課となっていたので
何かあったのかな・・・と、
お節介なババアみたいにモヤモヤ、ずっと食道あたりにつっかえていました。

お父さんのこと、何と言えば良いのか…、
この世で一番不条理だと思うのが、事故で亡くなることだと思います。
そして、(私にとっては)身近であるとり子様の身に、
そのようなことがふりかかったことが受け容れられません。
とり子様が「今日こんな本を読んだ」とレビューしている、
ある物語のなかの出来事なのではないのかと、
そういう気がして、
すみません、部外者のくせにこんなことを思って…。
とり子様がいちばんそう思いたい筈ですよね

今は忙しさや現実とは思えない事だということで、
まだ悲しみの中に身を置くことすら出来ないとは思います、
お母さんのことを思ったり、娘さんのことを思ったり…

とり子様だってゆっくりとお気持ちを整理したいはずです…
どうか、頑張り過ぎず・・・
泣ける時に泣いたり、仮眠できる時に寝たり、
ご自身のことも労って下さい。

落ち着かれてから、いちファンとして記事の更新待っています。
今はどうかご自分のためにも時間を遣えますよう…
無理されないで下さい。

02

12

20:15

Kママ

大変驚きました。
お父様のこと、心からお悔やみを申し上げます。
大切なご家族の突然の死、どれ程ショックだったことでしょう。
しかも被害者となると、さぞかし悔しい思いをされていることと思います。

私は23歳の時に父をガンで亡くしましたが、ある程度心の準備が出来ていたのでとり子さんの悲しみとは比べ物にならないと思います。

とり子さん、色々お忙しく心労著しいと思いますが、どうか無理せずお体大事になさってください。

02

12

21:13

まるたに

何と言ってよいか言葉が見つかりません
心よりお悔やみ申し上げます
突然の事で心と体が追い付かないかとは思いますが
どうぞ無理されませんよう

02

12

22:04

あゆみ

とり子さん、お父様のこと心からお悔やみ申し上げます。
本当になんと言っていいか呆然としてしまい、言葉がみつからない私を許して下さい。

近しく思っていた方にこんなことが降りかかるなんて。

このような事態ですので、お忙しい中で気がつかないままに
心身のお疲れや悲しみが積もってしまうのではととり子さんのことが心配です。
くれぐれも体も心もできるだけご無理なさらないようにしてください。
今夜からまた冷えるそうです、どうぞ暖かくなさってくださいね。

02

13

18:18

とり子

あゆみさま、コメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい申し訳ありません。

近しく思って頂けていたことが嬉しいです。
父の死による悲しみは、日々薄れていっています。
私があまり思い出さないようにしているからかもしれませんが…

お気遣いありがとうございます。
毎日寒く、やることがたくさんあってまだまだ非日常的な毎日ですが
体は異常なしです!
ブログもいろいろ書きたいんですけど…
また見に来てください。

02

19

15:59

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/666-eaa294be

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad