02

01

コメント

すね毛ボーボーでストッキングを履いてはいけない

私の高校3年生の時の担任、T先生は、絵にかいたような「中年女性教師」だった。
中年女性教師代表、といった風情。
さあ、あなたもあなたの「中年女性教師」を思い浮かべてみて下さい。
それが、T先生です。

T先生は、親戚のおばさんの如きしつこさ、鬱陶しさを持ち合わせており
生徒の何気なく放った単語に噛みついたりしていた。
(先生は、エロい、と言う言葉が嫌い)

そんな先生、一見地味。野暮ったい。中年女性教師代表だから。
でもよく見るとカーディガンは鮮やかな色を着ていたり、
化粧は濃くて、口紅はいつもローズ系のパキッとした発色のものだったり。
だけど歯に口紅着いちゃってるとか、カーディガン毛玉だらけやんとか
ちゃんとしているようでちゃんとしていないところもあり…
いややっぱ、野暮ったかったわ、って結論になる。

「おばさんの歯に口紅」は、結構なインパクトがある。
何とも言えない不快感がある。
しかしそれを上回るのが、タイトルのようなことだ。
「すね毛ボーボーでストッキング」だ!!

T先生は華麗にこれを実行していらっしゃった。
それ、何年もの?みたいなびよーんと伸びたすね毛はそれだけで見るに堪えないものなのに
それをストッキング越しに見た日にゃあ…

私はT先生のそれを発見した時は、ショックを通り越し、ただただ悲しくなった。
その状態の醜悪さはそれほどの凄まじさを持って私の眼前にあった。
ああ、おばさんになるって、悲しいな…こんな状態を人目に晒せるんだ…
18歳の私は、そう思った。

それから私はストッキングをはくときの脱毛には細心の注意を払うようになった。
ありがとうT先生。

さて、私は今就職活動を細々とやっているので今日、スーツ着てみて、
そういやストッキングもはかないと、と思い出してそしてT先生のすね毛も思い出したっていうだけの話。

ブログは口語で文章を綴っているので、
履歴書が書きにくいったらありゃしない。
つい口語で書いてしまい、旦那に訂正されるのだった。


トゥース!!

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/661-fcccafcc

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad