12

17

コメント

世界の中心はフェイスブックな人

どうやら世間には、
「フェイスブックにステキ写真を載せる為にステキライフもといイベントだらけライフを送る」
という人が存在するらしい。

というか、してた。
妹の知り合いだった。

ねー、ねえちゃん、みてよこれ、
と話す妹が持つスマホの画面には、
「すんごく美しく素晴らしく完璧な、しかしかわいらしさも持ち合わせている、お食い初めのお膳」の写真が。

どうやら妹の知り合いの女性が自分の娘(0歳児)のお食い初めのために用意したものの写真のようだ。

すごいね、としか言えない私に妹は続ける、
これってねえ、子供の為にやってるんじゃないんだよ、
この人はフェイスブックに写真載せたいからこんなことしてるんだよ。
他にも子供にかわいい格好させたりしてるけど、
それもフェイスブックのためなんだよ。



…すげえ…
まじかすげえ…

世の中そんなことが起こってんだすげえ~!
そのフェイスブック女(ひどい言い方ですがこれ以上の命名はできない)さんは
赤子がいるにも関わらず
やれランチだディナーだと奔走、
目標はディズニーランドで娘にドレス着せて写真撮ること、
もちろん私もドレス着るし!
っていうのらしく、
私はどこでディスってやろうかと機会を窺っていたのだけど
そんな私の悪意を吹っ飛ばすほどの一本気だったので
ただひたすら感心してしまった。

「フェイスブックに載せるためだけにステキライフを送る」
と言い切るそこにしびれる憧れるゥ!(憧れはしないか…)

フェイスブック、それが彼女のライフワークになっているんだね。

私がひたすら本読みたいのとおんなじだね。たぶんだけど。
離乳食もパーペキに作るのだろうね。
フェイスブックのために。
すごいわ。

私は、ネットに数多溢れる素人のステキ料理写真などに落ち込むのはやめた。
あの写真は、他の事をさておいてまで
ネットにアップしたいだけの人が心血注いで作って撮ってんだ。
それが好きで好きでしょうがないんだ。
って思いこむことにした。
これで私は救われる。

フェイスブック、嵌まると恐ろしいな。
だいたいネット上で実名晒して活動するのが私は怖い。
知り合いしか見なくても怖い。
だから私はこれからも「フェイスブック無視世界」に生きようと思う。
とりあえずは。


クリックしてみてね

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

あずき

私もフェイスブックとは何の接点もない人生ですが、「あれはステキライフをアッピールしたい人のためのもの」と思っている次第であります(敬礼)
「ケッ」という心が超刺激されるわ…
自分の身の周りにはそういう人がどうやらいないようですが、もし身近にいたら超心乱されそうです。

フェイスブックで活躍する人たちは、きっとそこに「さかむけができた」とか「腹の調子悪し」とか書かないんでしょうね。
そんなのつまらない、ほんとの心をみせろや、と私は思うので匿名の国のが好きなのです。

12

18

16:08

とり子

あずきさま、コメントありがとうございます。

私は妹がやっていたので、色々ときいてみたらそういう「わかりやすい人」がいたのです。
いやあ、私も少なからず心乱されました。
すごいな、と思う一方で関わりたくないな、とも思いました。
関わらなくていいんですけど。
思いっきり偏見ですが、その人の子どもの名前がですね、
所謂キラキラネームの類だったので
あっちゃーーー…でした。
そう、やっぱりそうかあーー…という。
期待を裏切らない、「やっぱりね」ぶり。
…何を言いたいのかわからなくなってきました。

しかし、フェイスブックをやっているせいで、
こうやって本人の知らないところでこんなネタにされて…
やっぱりフェイスブックはやらないに限りますね。
匿名の国で生きていきましょう!!

12

18

17:11

コイン

私はFacebookのアカウントを持っていて、よかったですよ。
私は相当な高齢母ですが、20代で子どもを産んでたらFacebookなぞなかったわけです。
Facebookのない時代の、件のFacebook女のような人たちは、「アルバムを持ち歩いて、会ったときに直接自慢を延々と聞かせる」類いの人種だったのですよ。
Facebookなら、イイネ!ってしとけば私の時間をとられることもなく、「最近会ってないから近況聞かせてよー(聞いてよー)」とか電話かかってきて素敵ライフを自慢されることもなく、関わりたくない人には「Facebookで近況分かるから」という理由で、特別用事がない限り会わなくてもすむわけです。

という人が多いのか、私の周囲はアカウントを持ってはいるけど何もアップしない、という人ばかりです(笑)

何にせよ、素敵ライフを見て聞いて!って人は、何かしら満たされてないんでしょうねー。

12

18

18:55

とり子

コインさま、コメントありがとうございます。

なるほど!!便利だなっていうのはすごいよくわかりました!
私の妹をはじめ、友人のほとんどはフェイスブックしてますし、
彼女らから話を聞けば、連絡が取りやすくて良いよと言うので、
誘われたこともあるのですが
私は何も発信しないだろうなと思ったので参加せずに傍観者のままです。
時々、こうやってフェイスブックをやっている人から情報を得るくらいの距離感がちょうどいいですかね…。

確かに、ステキライフを誇示しまくるのは満たされてない感が漂いますね…
すごいね、うらやましい!っていうレスポンスを受けてやっと満たされるんでしょうか。


12

19

00:49

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/599-fc0ab522

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad