12

02

コメント

君も玄関を飛び出してみないか

説教を受けるのはつらい。

自分の失態について、
ああ、失敗した、これは完全に私の失態、私が100パー悪かったなと思っていても
何十分も、手を変え品を変え、比喩に比喩を重ねて長々とそれについて説教されると
あ゛ーー!
と叫んで玄関を飛び出したくなる。


飛び出さないけど。
いや、飛び出したこともあるよ。

飛び出しても、スゴスゴと帰ってくるのがオチ。
悲しすぎっす。


ああ、そんでもっといやなのは、
そんなロング説教の後に
これはあなたのために言っているのですよ
言ってくれる人がいるだけありがたいと思いなさい
の締めくくり!!!

私はこれがすっげーーーーーーーーーーーーー
嫌いだ!

それは、言ってもらった側が自らの過ちを振り返って思うことで
強制するようなことではない!


だから私は娘に説教をたれる機会がこれから山とあるだろうけど
「あなたのために云々」は絶対に言わないようにしようと
あらゆる神に誓ったのでしません。


さて私は本当に自分勝手で適当でちゃらんぽらんで面倒臭がりで楽することばっかり考えているクソバカ野郎なので
私のために説教をしてくれる人がいても
このていたらくよ。

このままこの人生が続くのか…
ゾッとしますわい。

ヤケクソ通り越して情緒不安定になってきました。
こんな女イヤだな。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/582-19d44cb6

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad