07

29

コメント

ブドウを上手に食べられたのだ…が…

娘がブドウ(デラウェア)を上手に食べられたのが最新の進歩。

義実家へ行くと、たくさんのブドウがテーブルの上に置いてあって
ご飯を食べているときからそれを狙っていた娘…
ブドウを食べさせたことはなかったので
(皮をむいた巨峰などは食べたことがある)
皮をどうするか、見ものだった。
まず、一粒をそのまま渡してみると、やはり皮ごと飲みこむので
皮は出すんだ、こうやって、と義母が一つ食べてみせると
次からは口の中で皮と身を分離させて皮だけ口から出す、
という技を身に着けた娘は
大人たちの「すごい!偉い!」という拍手喝采を受け
次々とブドウを口に運ぶが
ブドウの実を取る毎に露わになるブドウの枝を怖がり、
しまいにはビビって触れなくなり、
せっかくの大人たちの賞賛をサァーっと引かせてしまったのだった…

ブドウをたくさんいただいて、自宅にもブドウがたくさん。
娘もブドウの枝にビビっている場合じゃないでしょ。
慣れさせるためにもブドウを食べてもらわんとならん。

昨日は京都の寺で法事だった…
やはり、寺はいい…
真夏でも、あの清涼感。
仏の前での大勢の僧侶の読経、豪華絢爛な仏具…
そして、見渡す伽藍よ、庭よ、山よ。
私の死後も、ここに納骨されるのか…悪くないな。
いいや、むしろ望むところであるな。

お寺の中では、仏教的な勉強会が開かれていた。
私もああいうのを受けたい。

嵐山天龍寺にいきたいッス

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/446-187c22b2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad