06

11

コメント

今更うさぎドロップ

今更うさぎドロップの話。
皆さんご存知(たぶん)、うさぎドロップ。
うさぎドロップ (1) (FC (380))

独身のダイキチ(30)が、祖父の葬式で出会ったのは
祖父の隠し子だという女の子、りん(6)。
身寄りのなくなったりんを引き取ることにしたダイキチは
りんを中心に、生活が一変していく。
っていう、映画化もアニメ化もされたあのマンガです。
(映画は主要キャラを演じる俳優が悉くイメージと違ってちょっとショックだった)

私はこの漫画、すごく楽しみに読んでいたんだけど
結末のあまりの有り得なさに愕然とし、
(いや、後半はこうなるだろうなという流れで話は進んでいたのだが)
単行本を売り払ってしまったのだった。
ダイキチがそんなに常識のないやつだとは思わなかったわ…
さようなら、てな感じ。

それでも、前半のりんが小学生までのうさぎドロップは、
抜群におもしろい。
むさくるしい男の一人暮らしにいきなり幼い女の子が加わり
少しずつ生活が変わっていく様子は読んでて非常に楽しい。
オンナコドモが苦手だった独身男ダイキチが、
りんの髪を結ったりする、食生活を見直したりする。
幼稚園ってどうすんだ!!と、焦り、
りんのために定時に帰れる部署に異動させてもらったり。
(営業から、配送センターみたいなところに異動。当然給料は減る)

で、その「異動」は会社の人から文句言われたりするんだよね。
後輩に、
「どうしてその子供のためにダイキチさんが犠牲にならないといけないんですか」
とか言われたりして。
でも、ダイキチはりんのために自分の生活が変わっていくことを、
「犠牲」だとは思っていないわけ。
ただ、子供がいるから、しなければいけないことをやっているだけ。
(たぶん…)
そこがダイキチのすてきなところ。
って、最近気づきました。

それと、りんの友達を通じて
ダイキチにもママ友、パパ友ができていくわけだけど
そのママ友、パパ友が
「子供と一緒の時間も自分の時間です」みたいなことを言っていたんだ、たしか。
りんとその友達が、なわとび大会の練習をする話で。
あそこをもう一回読みたいなあ。
みんなすてきな親たちだった。

それと対照的に、
自分の夢のために子供を手放したのがりんの母親なのですが…
この人は最後まで好きになれなかったなあ。

実際、漫画が手元になく
かなりうろ覚えな感じなので
内容は間違っているかもしれないのですが…
たぶん…こんなかんじだったはず…

クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

あずき

こんにちは。
コメントを書くのは初めてです。おじゃまします。
うさぎドロップ日記が読めて、かなり胸のつかえがすっきりな今です。
おんなじひと流れのストーリーなのに、好きなところとこの結末は…というところがあってなんとも微妙な立ち位置の漫画になってます。
読みたいような読みたくないような。
好きだっただけによけい裏切られ感というか。

でも私も前半だけ読みかえしたくなってきました。
なわとびの練習とかありましたね!
あとぽっちゃりめのパパ友とかいましたね。覚えてる…
ブックオフオンラインでちょっと悩んでみます。

あと「うさドロ」って短く呼べません(ドロの語感が強すぎる)

06

12

16:00

とり子

あずきさま、こんにちは!
コメントありがとうございます。

うさぎドロップ、うさドロって略すんですか!?
知らなかった…たしかにドロが勝って、知らないマンガみたいです。

前半はかなり読み返したいんですよー!
りんもコウキもかわいいし、
りんが風邪をひいてダイキチが「顔が濃い!」と思ったりしたところ、
コウキとコウキママと一緒に晩御飯を食べたりするところなど
とっても読みたい。
後半は、コウキとりんが結局くっつかなかったことで
まさかまさか…でした。
りんは、あのイケメン委員長と付き合えばいいのに!!もう!

モデルをしてた、イケメンのパパもいましたね。
確か、さやかちゃんのパパ。

06

12

17:00

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/399-d35c048a

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad