05

14

コメント

母による娘のイメージ

昨日、母から「誕生日おめでとう!」と電話あり。
「とり子、いくつになったん?」
と訊かれたので
「29だよ」と答えると
「ええ!もうそんな!?」とビビる母。

なんとなく、私の母は
「娘はいつまでも若い娘でいる」と思い込んでいるのでは、と思う。

2、3年ほど前にも、
一緒に買い物をしていて、母がかわいい服を見つけて、
「あら、この服かわいい。でも、私が着るもんじゃないね、あんたたちみたいなのが着ないとね。」
って言ったので、
「おかあさん、私はもう27だよ。こんなの着れないよ。」
と言ったら
「…ええっ!?」
だってさ。
なんとなく、母の中での私の年齢はハタチそこそこで止まっている気がする。

まあ、わかる気がしないでもない。
私なんていまだに娘をわからんちんだと思い込んでいるもんね。

クリックしてみてねん。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/364-70c3f43b

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad