04

19

コメント

こんなことのために生まれてきたんとちゃうわ!

今日はだいぶ遠めの銀行へ行かなければならなかったので
車を出した。
初めていくところなので緊張は半端ないし、
在住の町は人通りは多いし自転車も縦横無尽だし
そのくせ道は狭いと来たもんだ、
私は本当にこの街を車で通りたくなかったけど仕方ない。
グーグルのストリートビューまで見て行った。

でだ。やっぱナビ付けてても迷った。
たぶんスムーズにいけば15分くらい?のところを、
30分かかって行った。
あ!あそこ曲がるんだった!て。

で、正しい道についたと思ったら一方通行で
これ帰りはどうするの?と不安になる。
着いたら着いたで駐車場もすごく小さい、
何回も切り返して駐車した。
他の車が来やしないだろうかとヒヤヒヤしながら。
行っただけで大分疲れた。
帰りも迷った。
だって来た道は一方通行で使えなかったし。
もうほんとにやだ。
運転嫌い。

銀行で用事を済ませて
その銀行の近くに新しくできた図書館があったので行ってみて、
貸出カードをつくってもらった。
30冊まで借りれる、とあったけど
娘を抑えつつかろうじて選び出したのは4冊だった。
ミステリー2冊と井上靖と倉橋由美子。

はああ…
半年以上ぶりに図書館へ行ったけど
もうだめだ。
読みたい本はたくさんあったのに
全然思い出せなかった。

疲れたので
帰りにいつも行くイオンに寄って
フードコートで娘と一緒に丸亀製麺うどんをたべる。
かけうどんをたのんで分ける。
私は疲れにより、あまり食欲がなかったので娘にほとんどをあげる。
うどんを一生懸命すする娘は頼もしいなあ、かわいいなあ、と思う。
だからって私の疲れが吹っ飛ぶようなことはなかったのだった。


タイトルは、赤染晶子『乙女の密告』に出てくるセリフ。
乙女の密告が読みたくて、買ってきた。
これでいつでもあのページのあの文章が読める。
この小説には笑かしてもらったので恩を感じている。


クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/336-abee7456

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad