02

24

コメント

私には友達がいた!

友達の結婚式は、想像の5倍くらい楽しく、
久しぶりに会った友達(一緒に招待されてた)と喋れたことが
ものすごく嬉しかったのだった!!

久しぶりに合った友達は二人、高校のクラスメイト、
二人ともまだ独身だけど今年結婚が決まっていて幸せそう、
そんで美女になっていて
そして仕事のことなどを根掘り葉掘り聞いて
しがない専業主婦であるところの自分を「うわああああ!」って思ったり、
した。
久しぶりに同年代の女子と喋り、
「私、友達いたんだ!」ということが分かって嬉しかった。
なんていうか、近所に住みたい。
みんな地元で結婚して、私だけなんか遠いところへ行ってて
気軽に会えないのが淋しいなあ。

で、結婚式の主役である友達はやはり喋る暇なんてないよね。
いろんな衣装を着て、新郎新婦の席にニコニコ座っている彼女を
バシバシ写真撮るだけ…

でも楽しかった、ぜんぶがきらきらしてた、新郎のお母さんが号泣してた、
花がきれいだった、新婦(友達)のお母さんが私のことを覚えていてくれていた。


…家に帰ると、父がくたびれ果てた様子で
「1時間くらい泣いてた」という。
娘である。そういえば、私は娘がいたんだった。
祖母(娘にとっては曾祖母)が寝かしつけてくれたけど…

何時間か、私は娘のことなんて忘れてた。
ごめん、でもそれですごい元気になった。
ありがとうありがとう。
私は元気をチャージした!!
これであと3ヶ月は頑張れそう。


クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

ももん

読むだけでとり子さんの楽しかった気持ちが伝わって来て、私まで嬉しくなっちゃいました。


結婚して遠方に引っ越した友達が私にもいますが、見送る方も淋しいものです。

これを機会にもう少しマメに連絡を取り合うのも良いかもしれないですね。
私はその友達からの連絡や里帰り時に少しでも会えるのがとても嬉しいです。


娘さんを忘れる時間があったって良いと思いますよ。
それでお母さんのエネルギーがチャージされるなら娘さんにとっても大きな意味では良いことですものね。


私も今週出産後初めてダンナに娘を預けて友達と飲みに行きます。

とり子さんみたいに楽しく元気をもらえたらいいな~。

02

24

23:48

とり子

ももんさま、コメントありがとうございます。

ほんとに良かったです。
テンション上がりすぎて、なんだかおかしなことを口走ってしまったような気がするほどです。
「何で私はこんないい友達と疎遠になっていたのか」を悔やみ、
これからまめに連絡を取りたいと思います!!

そして飲み会、いいですね~。
握ったこぶしに、ぐっと力が入ります。(訳わからん羨ましがり方ですみません)
思いっきり、話して笑ってきて下さい!
もちろん、娘さんの話もしつつ(絶対に訊かれるので)
しかし!娘さんのことを忘れる瞬間も必ずあるはずです。

私の娘、結婚式の次の日、やたらとくっついてきました。
「はっはっはっ!すまんすまん!」って豪快に遊びました。
不思議と罪悪感などはなく、
本当にすっきり楽しめたんだなあ、と実感しました。
ももんさまも、思いっきり楽しんできて下さい!

02

25

12:55

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/271-2a818567

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad