01

11

コメント

かわいい孫

いつのか忘れたけど、笑っていいとものテレフォンショッキングで、
蜷川幸雄が「孫を異常にかわいがる人が理解できなくて、
自分はああならないぞと思っていたけどいざ孫ができてみたらかわいくて仕方がない」
ということを言っていた。
ゆきおったら…ひねくれもんなんだから…

子供嫌いの私の義母も、同じようなことを言っていて、
「自分の子供はかわいいと思えたけど
孫はかわいいと思えるかどうか生まれるまでわからなった」と。
今はすごく孫(私の娘)をかわいがっている義母。
「こんなにかわいいねんなあー」といって、かわいがってくれている。

孫…孫…私にはその存在はまだピンとこないけど、
これだけは断言できる。
私も蜷川幸雄と同じように思うだろう、ということ。
同年代の人たちに孫ができ、
孫の話を聞かせられ孫はいいわよ的なアドバイスをしてもらい…
「そんなにかわいいかあ?」
と思ってしまうこと間違いなし。
でもたぶん、できたらかわいがるんだろうなあ。
それもなんとなく、わかる。

最近義母は娘のためにおもちゃの携帯電話を買ってくれて、
それはパカパカ開いてアンテナがついているもの。
飛びつく娘。鳴り響く、ボタンの音。
「メール、そうし~ん!」とか「しゃしんとるよ~!」とか言う。
お正月にもらったのに、もう電池がなくなって取り替えた。
どんだけ。
娘は義母に本当になついていて、
私の旦那(息子ですね)が嫉妬するくらい。
すごいなあ。私が今死んでも、大丈夫だなきっと。義母がいれば。

あと、孫、自分の娘の子供か息子の子供かで色々感覚が違うこともあるらしいっすね。


クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

じゅいえ

とり子さん、明けましておめでとうございます!(遅っ)
本年もよろしくお願いします。

孫かわいい、謎ですね。
私もその気持ちまだわかんないっす。
母は、私の娘が生まれてからやっと、自分の母の「孫かわいい気持ち」がわかったそうです。
母の母、つまり私の祖母は九州に住んでいたのですが、
母がフルタイムで仕事していたため滅多に帰郷できず、
祖母はごくたまに会うときはそれはそれはもう楽しみにしすぎていて、
一度、台風で帰郷の新幹線が足止めを喰らい帰郷が一日遅れた際には、
その知らせを受けるや否やその場にどさりと倒れこんで、
そのまま小一時間ほど動かなかったそうです。笑
嘘のような本当の話です。

今、母は私の娘のために財布のひもゆるゆるです。
娘の服に1回、3〜4万平気でつかいます。何か壊れてます。
でも、ほんと死ぬほど可愛くてあれもこれもと思ってしまうそうです…

01

11

19:58

とり子

じゅいえさま、あけましておめでとうございます!
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします。

いやあ、じゅいえさんのおばあ様も、お母様も、
なかなかの孫ラブっぷりですね。
なんというか、激しいですね!
どんだけかわいいんでしょうか。
もう好きにさせてあげるのが親孝行ですね…。
たくさん買ってもらいましょう!

私の母は、離れているせいか、あまり孫フィーバーはしていないようですが
どうなのか…
今度訊いてみたいと思います。

私たちもどうなるのか。
30年後くらいにはわかるでしょうかね!

01

12

01:13

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/222-7ee0c31f

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad