FC2ブログ

08

03

コメント

活字をくれ

漫画しか読めないとかほざいていましたが、あまりにも面白い本を読みはじめてしまうと暑いとかどうでもよくなる、一昨日くらいから図書館で借りてきた、ドイツ強制収容所の本をがむしゃらに読んでいる。(「夜と霧」)
(そういや中1くらいの頃にアウシュヴィッツを知って友人に本を貸しまくってたが、当時はエロ漫画を貸すノリだった、子供の知的好奇心は無邪気だ)
あまりに読みすぎて気分が悪いし(まじで人間が生死問わずごみ扱い)、強制収容所に収容された側(作中では囚人、とされてる)の気持ちになったりするのはもちろんだが、なぜか看守側のサディスティックな気持ちにもなったりするので人間はどちらの方にもなりうる素質をもっている…と嫌でもわかる。
行ってみたいところに「アウシュヴィッツ」が加わる。
アウシュヴィッツはポーランドだったんだね…

銀河英雄伝説の続きも買ってきて(イズミヤの小さい本屋にはぜったいある)、読んで、ネットで漫画も読んで、娘の絵本も読んで、います。
新聞も読めるときは読む。読むけど印象に残るのは広告だったりする。
中島敦「名人伝」の絵本の広告。
名人伝は私の中ではすっぽこ小説(すみません)なんだけれどもいかにも格調高い絵本に仕上げてあって「見解の相違」と思いました。

というわけで私の夏は読書や活字で過ぎていっていて、でも来週は出ずっぱりなので本よめないなあ、と不安です。

「ハロー ジュピター 好きっていって。」っていう漫画タイトルがものすごい、良いなと思っています。何回も唱えたくなる語感。

今日も暑かったですね。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1902-f269aa23

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad