FC2ブログ

06

15

コメント

無in本願寺

ああ本願寺にいきたい。
寺に行きたいんや、私でかい寺に行きたいんや。

ああ本願寺。
都会の真ん中にあるくせに本堂はがらんどうの静謐で、人もまばら、時々みかける修学旅行生だろうか、きっちりと制服を着た女子学生の清廉さは5割増し。

私は阿弥陀如来に手を合わせる。
仏願成就とだけ思う、
いらんこと願わんでいい。元気でいられますようにとか、合格しますようにとか、しらん。仏はそんなん、しらんから。

仏願成就とだけ思ったあとは、無、ただひらすら、無。
無になるのは簡単。
合掌して目を閉じるだけ。
この所作だけであら不思議。
あっというまの、無。

誰でもいつでもここに来てね。
と言わんばかりに開かれた伽藍はたのもしく、じゃあお言葉に甘えてもう少しここにおってみようかな!と思う。

本願寺にいくと、私は間違ってなかった、と思えるので嬉しくなる。
私は私の人生間違ってなかったよ、私はここにこうして来られて、間違ってなかったと思える私なんやから全然、うまいこといってるよ。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1865-14a37359

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad