05

23

コメント

少女漫画の記憶

今日は川上未映子責任編集の早稲田文学を読んだ、クソ重くてクソ面白かった。
フロイトからはじまり、松浦理英子の「親指Pの修業時代」、少女革命ウテナ、美少女戦士セーラームーンのスターライツなどのアニメを経て、萩尾望都やらの漫画をひきあいに、なんとプライベートアイズやミントな僕らという懐かし漫画を羅列したのち、長野まゆみや鹿島田真希などの小説家もぬかりなく網羅、そしてBLからオメガバースまで語られてた文章に目眩。
ああ、創作物においての性の多様性よ。(拝む)

それにしても、プライベートアイズって!!!
なかよしの!野村あきこの!!
やまとなでしこ同盟の!!
(ひとりで盛り上がる…これは同世代でなかよしを読んでいた人にしかわからない…)

知らない作品もたくさんひきあいに出されていたのでメモ。

文章を読むのは面白い、発見ありまくり。

あと朝ドラ、面白くなってきた。
すずめがどうしても好きになれなくて、全然見てなかったんですけど、上京したあたりから面白いんじゃないかと。
しかしいかんせん、すずめに興味がないので、全体の流れは把握していないけど、今日はまじに最高でした。
少女漫画ばんざい、というかんじ。
あと井川遥(役名忘れてしまった…)の衣装ってピンクハウス?
動物のお医者さんの菱沼さん、こんな格好してたよなっていつも思う。

やはり私は少女漫画で育ってきたなあ…

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1851-a4d4aa72

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad