FC2ブログ

03

16

コメント

揃いも揃って処女ばかり

実家に帰ったりしていました。
実家では娘きぶんで生活をして、ありとあらゆる愚痴をきいてもらい、母の本棚から漫画を借り、友達の家に遊びにいったりしていました。

卒業アルバムを友達とみると、忘れていた思い出やなんやかんやが思い出される。
ああ私、この女だいっきらいだった、みたいな。
どいつもこいつも、しょうもない恋愛繰り広げてとったとられただのを繰り返して、バカバカしい、と当時(高校生)思っていたが今も相変わらずそう思うのだった。
バカバカしい。
このクソ暑いのに手なんか繋いで、鬱陶しい。
私は恋愛なんて美男美女のものだと思っていたのに(大いに間違っているが)、なんだか高校生になったとたん、美醜に関係なく皆一様に浮き足立って、番っているのがおもしろくなくて、おまえら本気か、とマジで思っていた。
あんな女とヤれるのか。あんな男とヤれるのか。

ヤれるみたいだった。

そういうやつらは、おおっぴらに性生活を暴露してくる。
そうかそうか…世の中はそうなのか…
どいつもこいつも浮かれやがって。

それよりこれ、このウサギがベトナム戦争してるミリタリー漫画面白いね。
古谷実のヒミズ、ゲロ吐きそうになるね。
私はサブカル漫画にのめり込み、知識だけ増えていく無神経な処女として、また同じような無神経な処女を貫く友達とやんやしていた。
無神経なので、クラスメイトがキスマークをつけてきているのにも無遠慮に、それ、どうしたーーんっつってつっこむ始末である。

こんな女どもがモテるわけがない。
私たちは官能小説を読み漁る一方(一般小説のフリをして、めっちゃエロい小説を探すのに躍起になっていたよ)で、性嫌悪をこじらせていった。

そしてそんな私は今も変わらずにいる。
今もおんなじ、無神経な処女のままの精神状態です。
ものすごい、しんどいです。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1831-49e30094

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad