12

01

コメント

ちくわの絵本(!!)

私は本屋に行って、まず漫画をチェック、
いつもはここで文庫本の方をぶらりと偵察して帰るのだけど
今日は絵本コーナーなぞにも立ち寄ってみた。

あるわあるわ、絵本。私が昔読んでいたものから、目新しいものまで!!
しかし、私が行った本屋、ちょっとおかしいと思う。
平積みされている絵本が、ことごとく不気味だったのである。
なかでもこれが、やばかった!!
ちくわのわーさん
凍りつく私。
え…なにこれ、正気??
ちくわのわーさん
中身はこんなの…
マジで恐ろしい。
鳥肌立ちまくり。
最後はおでんになってた。

隣には、こんなものまで…
うどんのうーやん
やめろおおお!!

こびとづかん (cub label)
これも有名みたいですけどやばいって、顔!!
ホラー漫画に出てきたよ、これ!

おかめ列車
これもなんやねんな、もー!!
おかめ列車 嫁にいく
嫁に行っちゃったよ!
絵本屋さん大賞…だと…
作者のいぬんこさんを調べてみると、
「あくまで高尚で ない東洋的な挿絵を描き続ける人」として存在したいと精進中。
だそうで、何となく、納得。
ちくわのわーさんが恐ろしすぎて、内容を確かめられず。

このように、絵本のコーナー、表紙見えるようにしてあるものが、
こんな、パンチのあるものばかり…
カワイイのとか、ホンワカしたのが一つもなかった。
これが今の絵本のスタンダードなのだろうか。
それともこの本屋の絵本コーナー担当書店員の趣味なのだろうか。
別の本屋に行ったときに、リサーチしてみたいと思う。

それにしても、ちくわのわーさん、何かで見たことがある、
その記憶が私のこの尋常ならざる恐怖に繋がっている…
と思っていたら、思い出した。
2ちゃんのまとめブログで見た、「変なものを見てしまった。」スレに出てきた
山の化け物に…似ている…
こわいこわい

怖いものが好きな人で気になる人は、「変なものを見てしまった」でググって!!
むっちゃ怖いから!!

今日、本屋に行った目的は雑誌で、
内田春菊『南くんの恋人』の続編が連載されるというので
今度は南くんが小さくなる話らしく、なにそれめたくそ読みたい!!
あわよくば立ち読みできないか(本屋さんごめんなさい)と思っていたけどできなかった。
最近の雑誌は、ビニールコーティングされてあるんだよね。

あと気になるのが、『テンペスト』というSF漫画で、
男性が絶滅してから2000年後、そこは女だけの世界…
という世界設定でなにそれどうなってるん、めっちゃおもしろそう!
というわけで読んでみたい。絵がBLっぽいがそれはもういい。


育児関係なくってすみません。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

ももん

わ~

並べると圧巻ですね~。
…というかその本屋さんはえらい個性的なラインナップですね。
ただ、子どもって大人の奨める「良い本」より「変な・気持ち悪い本」を好む傾向はあるので狙いは良いのかもしれませんね。
とは言え、子ども受けを全面に出し過ぎて購入者である大人受けを無視してるとしか思えませんが(笑)

「こびとずかん」は私の職場でも何故!?と思うほど売れてました。

娘は最近絵本が好きになってきたみたいで、気に入っている本を私の膝に載せて「読め」というゼスチャーをしてきます。
今のところ「読んで」というお願いではなく「読め」という命令形なカンジです。
読まないと怒って泣きます。

12

01

17:36

とり子

ももんさま、コメントありがとうございます。

娘さん、かわいいですね。
私はこの頃、やっと娘に絵本を買ったところです。
なかなか高いので、たくさんは買えていないですが…
本好きとしては、娘にも本を好きになってもらいたいので、
ももんさんの娘さんみたいな行動をしてほしいです。

近くの本屋では、あれらが売れているということなのかもしれないですね。
子供は気持ち悪い本を好むんですか!
娘が『ちくわのわーさん』を欲しがったら…どうしよう…

12

03

11:39

ももん

とり子さんの娘さんならきっと本好きさんになると思いますよ。


育休中の書店員としてのオススメは福音館書店という出版社の絵本です。

絵本出版社の老舗ともいえる会社なので既にご存知かもしれませんが、お店で絵本の読み聞かせ会をすると、他社に比べてどの本も子どもの食い付きがかなり良いです。

大人が好きな絵本と子どもが好む絵本は必ずしも一致しませんが、福音館書店の絵本ならどぎつい表現はなくて大人は安心ですし、子どもも大好きなロングセラーが沢山ありますよ。

また、この出版社は毎月「こどものとも」という絵本を発行していてそれはペーパーバックなのでハードカバーの絵本より安価で絵本が楽しめます。
これは年齢別に4種類発刊されていて2才までなら「こどものとも 0、1、2」という名前です。定期刊行物と言っても普通の一冊の絵本なので良かったらチェックしてみて下さい。


ちなみに今の娘のお気に入りは「だれかな?だれかな?」という当てっこみたいな絵本です。


自分の親がお金がなくても本だけは好きなだけ買い与えてくれたので(と言っても数は知れてますが)、私も娘に本だけは好きなだけ読ませてあげたいな~と思っています。


長文連続コメントすみません。


12

03

12:30

とり子

ももんさま、コメントありがとうございます。

なんて、ためになる情報を!!
私が知りたかったことです、それは!ありがとうございます。

『おおきなかぶ』や『ぐりとぐら』の出版社ですね。
私もその昔、よく読んでいました。懐かしいです。
実家にあるはずなので、送ってもらおうかと思っています。(まだ早いですが)
確かに、シブイ装丁でいい感じです。
私が思い描いていた絵本です。

さすが書店員さんですね。
「他社に比べてどの本も子どもの食い付きがかなり良いです。」なんて教えていただけると、
信用度大です。
娘さんのお気に入りの本も、気になります。

12

04

08:40

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/183-586e1f2b

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad