08

12

コメント

修羅

もやもやとイライラが相変わらず私の脳内を覆っていて気付いたらお盆。
お盆はとくになんにもしません。

私はどうやらママ友とやらができたので何回か遊びにいきました。娘も楽しそうです。
私は特にストレスもなく過ごせているこの奇跡の関係に乾杯、と思っています。

しかし家ではストレスMAX、夫の言動がいちいちひっかかる。
時間が経ってから、おいおいさっきのあれどう考えてもおかしいぞ私が何であんなに謝らなきゃならなかったんだ殺してやろうか、いま、この、私が握りしめている家の鍵を、首のあのやわらかいところにぶっ刺して引き裂いてやったら、どうなるかなあなんてことを考えてはまた内臓を焼いています。
しかし実際はひとりで洗濯物を干しながら唸る、くらいしかできません。唸ると喉がかれる。

物騒な話をして済みません。
しかしものすごい激情が私の脳内を呑み込むことがあって、それに支配されると破壊の妄想が止まらなくなる。
破壊の妄想に水をぶっかけて冷静になる必要がいつもある。

家族といることがいま、ストレスでストレスで仕方が無いことが非常に辛い。
家にいるといつも眠い。何も頭に入ってこない。

家にものがどんどん増えていって、それも凄く辛い。
新しく増えた、私が心底いらないと思っているものを見ると叩き壊してやりたい衝動に駆られる。あ、また破壊の妄想…
所有すること、それ自体がとてもしんどいことなのだということをわかってもらいたいがわかってもらえないのも真実、つらい。
私が色々ものを捨てても無駄なようだ。(そしてこれはどの家庭にもある問題なんだろうと思う)

娘が手紙や絵をくれたりするが、それもさっさと捨ててしまいたい…。
毎日のように落書きをくれるのはあまり嬉しくないのだった。

映画の「千と千尋の神隠し」の冒頭で、千尋は不気味な場所で怖くなり母親にくっついて歩こうとするが、母親は「そんなにくっつかないで、歩きにくいわ」と千尋を拒絶する。
昔の私はあの母親の冷たさにびっくりしたものだけど、今の私はまさしくあの母親のようになっています…

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1768-41e1cf17

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad