06

13

コメント

ばかになる

毎日のプレッシャーと本の読みすぎで馬鹿になりそうだ。

好きなキャラが報われなくてつらいという不毛な感情(まだ引きずっています)を「そのキャラがたくさん出てくる外伝を読んでみよう」という発案でごまかしつつ読み進めると、それを凌駕する、まじでシャレにならないほど報われなさMAXのキャラが出てきてお腹が痛くなった。事件。
メインの主要キャラたちがわいわいやってても、「報われなかった彼はいまどうしてるかな、精神詰んでないかな、自殺してないかな」って心配で純粋に楽しめないのだった。あほだ。

マタギはマタギでやっぱ山はエロいという結論が出ました私のなかで。
山はエロスです、エロスの象徴です。
(「夫のちんぽが入らない」という本のなかに山に欲情する人が出てきていた。変な人という位置付けだったけど、私はすんなり受け入れられたのだった)


なんだか家庭内が楽しくなさすぎて毎日がプレッシャーでざわざわざわざわしているので現実逃避していたら現実逃避先もなんだかざわざわで笑うしかない。

朝の気分が絶望的。やだ。

娘と一緒にいてもプレッシャーがすごくて、なんで私は毎日こんなに押し潰されそうなんだろう。
嫌な思い出ばかりがよみがえって、なにをするにも不安になる。
夫と話していると心臓がバクバクなる。なにか失敗していないだろうか、と不安になる。

心穏やかに過ごせる日はいつ手に入るんだろうか。
付き合う人が多ければ多いほど、厄介だな、面倒くさいな、と思う人生になってしまった。
だから私を放っておいてほしい、誰も私を誘わないでと思うようになってしまった。
つらいなあ、ほんとうはもっと自由に、色んな人と交流してみたいのに。



スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1739-299f0eb6

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad