06

09

コメント

現実逃避しすぎて悲しい

まだ本を読んでいます。
現実に希望が持てないので別世界に触れることで逃避。
ああお腹が痛い。

マタギ小説「邂逅の森」はしょっぱなから山!雪!マタギ!猟!山!という感じでアツく、思わず本をバシーン!と閉じてしまった。あたいの…求めていたものがここにある…!山…!

歴史スペクタクルBL「FLESH&BLOOD」は順調に読み進めていますが相変わらず主人公の少年(17)が虐げられている。(王族のおばはんにボコられていたときはびっくりしたよ)
そしてその度イケメンが血相変えて助けに来てくれます。血塗れの半殺し状態になったあとで。おせーよ、なんて読み進めていたんですけどまあ10巻以上読んでたらお気に入りのキャラクターができるのは必然で、私はひとりのスペイン系真面目系不遇系イケメン(色んなイケメンが出てきます)に肩入れ、彼は主人公を熱烈に愛するひとりなんですけど全然報われないのが序盤からわかりきっており、彼が登場してがんばる度に、そんなことをしても無駄っぽいぞという空しさがヒューと吹き、それだけでも泣けるんですけど、せっかくそばにきた主人公を、断腸の思いで恋敵のもとへ返すんですよ、自ら身を引きなさったんですよ!!で、そのシーンが悲しすぎて悲しすぎて私は「お、終わった…!!」っつって(終わってません)ガーーーンてなり、だいぶ長い間ガーーーンてなってて、マタギは面白すぎてバシーンだったがこれは静かにパタン…と本を閉じてしまった。後の内容が全然頭に入ってこなかった。
今も悲しく、よろよろと娘を迎えに行ったりしていた。
あー切ねえ。つらい。
「愛ゆえに」って北斗の拳みたいなことを考え出す始末だ。
なぜだ…なぜこんなふうになった…!そもそも最初になあ…畜生…!私はどうしたらいいんだ…!
とお前はそのキャラかと思うほど煩悶し、そして懊悩の果てに、いやいやまだ話は続いてるしどこかで救済があるはずやでしかし…と思い直し(まだ途中までしか読んでない)
気付けばこの作品のドラマCDをアマゾンで検索していた。20巻以上ある。さすが10年以上続いてる作品だ。殺す気か。

というわけで現実逃避はかなりいいかんじだ。図書館の本でこんなに盛り上がる私。

しかし現実は迫り来る。
夫に「好きなキャラが報われなくて悲しい」と打ち明けたところでなんになるんだ。友達にも言えやしない。

誰とも共有できない。
マタギ萌えまたは山萌えも共有できない。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1738-45c3bbf4

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad