11

19

コメント

クックドゥCMにおけるお母さんの扱いのひどさについて

前から思っていたけど、クックドゥのCMは、お母さんをバカにしていると思う。
今、頻繁に見かける「香味ペースト」なるもののCMで確信を得た。

ソファにぐうたら寝ころぶ息子、
買い物袋をたくさん抱えて忙しそうに帰ってくるお母さん。
野菜炒め(チャーハンバージョンもあり)作るからね、というお母さんを手伝いもせずに
ソファからめっちゃ嫌そうに「うちの野菜炒めはイマイチ」と思う息子。
CM的には、クックドゥを使えばおいしくなるぜ、という流れなのだけど…
この息子、何様なんだろう。
ひどすぎやしないか。

あと、少し前にやってたのは
父親役のぐっさんと、娘がひたすらホイコーロを食べまくるやつ。
食欲全開、とか言って。
父親と娘が食べてる間、お母さん、台所でご飯作りっぱなし。
ホイコーロがなくなったら、お母さんがさらに新しいものを盛ってくれるの。
お母さんは、いつご飯を食べるの?
中島らものお母さんみたいに、残飯食べてるの??
ってずっとムカついていた。

クックドゥは、家庭でも本格中華の味を楽しめますよ、というのがウリなんだろうけど、
その家庭の料理を作っているお母さんの扱いのひどさ…ないわ。
お母さんが顧客ターゲットじゃないの??

私も時々買ってたけど、もう買わんとくわ!っていうはったりの一つもかましたいところ。

内田春菊は「お母さんは、何でもやってくれる女じゃない」って言ってた。
そのとおり。
だから私もなんでもやるのはよす!!
娘がクックドゥ的に育ってしまったらいやだ。

ちなみに、中島らものお母さんは、残飯ばかり食べていたそうです。
子供の食べ残したもの、昨日のおかずの余りものとかではなくて、
魚の煮汁とか、野菜くずといった、誰がどう見ても残飯を食べていたそうな。
おお、恐ろしい。


クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

チェキ

ホイコーローのCM、とり子さんと同じこと思ってました。
「お母さんが食卓についてないのになぜ食べ始めてるんだ!!」と。
近い将来、私が食卓につくまでに娘と夫が食材を完食していたら、
怒り狂うこと間違いありません。

11

19

13:24

とり子

チェキさま、コメントありがとうございます。

私が食卓に着くまでに食材を完食されていたら…
確かに、怒り狂いますね…
炊事を放棄すること間違いなしですね。

で、クックドゥ、おかしいですよね!
お母さんほったらかしで、なんなんだこの家族は!と思っていました。
まるで、お母さんは召使のよう…

実際、私の母はよく「私はいいからあんたたち先食べて!」ということもありましたし
私も夫、娘のごはんを優先するときもありますが。

クックドゥ、結構前にやってた「10円が3枚見つかったからもやしが買える!」というやつも
頭がおかしいんじゃないか…と思っていました。
ちょっとどうかしています。

11

19

18:02

よしみ

お二人とも不幸せそうですね...

07

31

08:20

とり子

よしみさま、コメントありがとうございます。

ですが、わからないことが…
「おふたり」って、どのふたりのことなのでしょう??
すみません…

07

31

16:59

私も母やっていますが、いちいちCMの内容に そこまで突っ込むのってずいぶん大袈裟ですね。
そんな細かい事にこだわるより、もっと気にする事はたくさんあると思いますが。

11

09

13:51

とり子

コメントありがとうございます。

いや、この頃は、このコマーシャルがすごく頻繁に流れていたものですから
気になって気になって。
私はテレビに突っ込むのがもはや趣味、になっているので…
すみませんくだらない趣味で。
大袈裟ですかね?

11

09

15:43

まりも

この記事に出会いました、まったく同感ですー。
香味ペーストも思い返せば困ったCMなのですね…何か違和感が…と思いつつ見てましたがすっきりしました!
回鍋肉にはお母さんの席や食器、更には椅子までありませんね…どこで食べるんでしょう…

画の撮り方や音楽はテンポがいいだけに残念な印象です (´・ω・`)

11

12

20:03

とり子

まりもさま、コメントありがとうございます。

記事を書いたのは去年の今頃なのですが、
また最近CMをみるようになりました。
クックドゥの季節なんでしょうか。
回鍋肉、お母さんの席ないんですか?
気付きませんでした!

確かに、音楽や映像、印象に残ってますね。あのCM。
お母さんが一緒に食卓についていればいいだけなのに!!

11

12

23:38

己の家庭が納得いく暮らしをしていればCMなどどうでも良いと思いますが。

07

26

18:21

とり子

コメントありがとうございます。

ですよね~~。

納得のいく暮らし出来てない不幸な女です。見下げてください。

07

26

23:52

自分の作った料理を美味しそうに食べる家族。
それに喜びは感じませんか?
私は母親の無償の愛を感じるCMだと思いました。
クックドゥに関しては食べきった後に第二弾をお母さんが作って
皿に入れるシーンがあります。
察するにお母さんは後から食べるからお父さんと娘には温かいうちに食べてもらってたのでしょう。
香味ペーストに関してはうどん編をご覧ください。
息子がお母さんにうどんを作って食べさせています。
とても愛情に満ちたCMだと思います。

あなたが家族間では損得で動かないことを願います。

06

12

11:34

とり子

コメントありがとうございます。
もちろん、作った料理を家族がおいしそうに食べてくれるのは嬉しいですよ!
あのCMが、「簡単に作れるのに家族がこんなに喜んで食べてる!嬉しい!」というお母さん目線であれば、私もあなたと同じような感想を持てたと思います。
あまりにもお母さんの存在感がないのに、「母の無償の愛」は感じられません…
すみません。

香味ペーストに関しまして、うどん編は知りませんでしたが、時既に遅し、という感じです。
私は香味ペーストを見直したい!と思っているわけではなく、「お母さんをバカにしているように見える香味ペーストのコマーシャル」が嫌いなだけなのです。
今さらうどん作られてもこまるのです。

損得ってどういうことでしょう…

06

12

17:24

トトこ

突然コメント失礼します。
あまりにもあの回鍋肉のCMが不愉快で、ここにたどり着きました。
どうかしてますよねあの演出…ふと思ったのですが
あの家父子家庭でお料理されてる方はたまに来る家政婦さん。そう思うとわりと気にならないかも^_^;
しかしマナーは悪いし汚らしいし
手抜き料理であんなに喜ばれたら逆に腹立つ!
あのCMの製作者、センスなさ過ぎです。

12

23

15:06

とり子

トトこさま、コメントありがとうございます。

過去記事にも関わらずまだこのような反応があると、あのCM、やっぱり変なんだなあと、しみじみ思ってしまいます。

父子家庭設定、いいですね。
お母さんは全然機能していないので、きっとそうなんだ!

12

27

01:00

翼竜

初めまして、失礼します。
家事をしながら、なおかつ家族のために食事を用意してくれる、一見それだけに見える行為がどれだけ有り難いことなのか。

普段自宅に帰れない自分がごくまれに帰れたときに、粗食といいながらも出してくれる料理を、バカにしてしまうのは、やはり、親不孝ではないかと思います。
今一?そんな事を言いながら親がご飯つくってくれている最中に苦悶の表情を浮かべるCMは、自分の目にも親不孝に見えましたよ。
自分のために真心こめてつくっているものをばかにするなと、あまったれるな、自分で作れよと、思いました。

10

25

17:57

とり子

翼竜さま、はじめまして。コメントありがとうございます。
遅くなってすみません。

私も、このコマーシャルが気になるのは母親になったからかもしれません。
どうしても「作る立場」になって考えてしまうので。
食事を作る手間は簡単なものでもやっぱりかかるものですよね。
コマーシャルは、それを想像できない子供の視点から見ているので、甘ったれるなと思わせられるんでしょう…
やっぱり作る視点で見せてほしいです。

11

06

22:25

あ太郎

いまさらですが・・・自分もクックドゥのCMがなぜか不快で、咀嚼音が気になるという意味ではなく、理由がはっきりせずもやっとしていたのですが。母親不在には気づきませんでした。そしてコメントの反論している人たちの言い分にびっくり。自分はまだ親に作ってもらっている身分ですが、母親や親に「無償の愛」があって当たり前だと思っている人たちいるんですね。親だってそれぞれ人格のある人間なんですから、様々ですよ・・・「親からの無償の愛の提供」を信じている人たちはたしかに幸せな人たちなんでしょうね。

自分は他人だろうが、身内だろうが人として「感謝の気持ち」を忘れたら終わりだと思うのですが・・・。
CMが気になって貴ブログにたどりつきましたが、コメント残している人たちが「ありがとう」というような感謝の気持ちを親御さんに表現しているのかな、というのが逆に気になってしまいました(^_^;)

12

08

16:20

とり子

あ太郎さま、コメントありがとうございます。

もやもやは解消されましたでしょうか?
ずいぶん前に書いた記事なので、あら、攻撃的ね私ったら、と今になって思っています。

私は自分が母親になったからこんなに憤っているのかもしれないです。
もし子供だったら気づかなかったかも…
だから、今親御さんに食事を用意してもらっているあ太郎さんが、きちんと感謝していらっしゃることが素晴らしいと思います!

12

13

17:37

 

過剰反応
そんなことわざわざネットに書くなんてあほみたい

05

10

13:54

とり子

コメントありがとうございます。

ネットなんて過剰に反応してなんぼですよ、あなた!
世の炎上劇をみてごらんなさい、たったひとりの発言に何千何万のネット人格が過剰に反応してるではないですか!皆が皆、揃いも揃って過剰に反応したがっている、それが世の理、しかしそういった風潮に迎合したくないまたは関わりたくないしどうでもいいわよくやるな、という方々もいらっしゃるのはわかります、わかりますがそういった方々は過剰に反応せずに静かにパソコンないしスマホあるいはタブレットの画面を見つめておられるだけなので残念ながらネット上にはお出になってこられない。したがってネットは過剰反応族しか存在しない、そんな世界になってしまっています。
私がなにを言いたいのかというと、ネット上に「わざわざ」、気にくわない的発言を残してしまったあなたも、「過剰反応族」の一味なのですよ!私のブログのせいでごめんなさい!
件のCMですが、最近は息子さんがしっかり成長しており、自ら台所に立ち、母親とおぼしき女性に炒飯をふるまっていました。素晴らしいCMになっていますね!
まさかとは思いますが…あのCM…「香味ペースト」なる商品を用い、ある家庭の息子の成長を描いた一代叙事詩…!?私がケチつけまくったあの第一弾は序章…!?
なあんてことを考えたら楽しくなってきました、これからもあのCMを楽しみにしていきたいと、今ではそう思っています。(ホイコーロに関してはもう私の声が届かない境地に達してしまったのでもうなにも言えません。最初から私の声なんて届いていないですが…)
コメントをくださった方、たぶんこの返信はお読みになられないと思いますが以上です。

05

10

21:27

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/172-48a75e6c

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad