04

04

コメント

結局風呂掃除がきらい

最近は少し平常心を取り戻し、朝を迎えるのが嫌なのが和らいだがこれは気温のせいも多分にある。
やっと、寒さから解放される。そんな予感。桜の気配。もわもわとした空気。そわそわする人々。
風呂掃除も念入りにやるか、という気になってくる。
冬はもう念入りな風呂掃除はあきらめた。死ぬ。いや、死にゃしないが精神が死ぬ、と思ったのでやめたのだった。懸命な判断だった。毎日湯船を洗うだけにとどめる風呂掃除ぶりでも精神詰みかけたから。
北向タイル張り、古い窓枠、ルーパー窓からはすきま風…そんな風呂で水気なんか拭いてられっかよお。一秒でも滞在したくなかったよ。そんな地獄だったよ。
それで、気付いたけど、風呂の鏡っていらなくないか…
使ったことない。眼鏡ないし見えん。いらん。ちょっっと放置しただけでまっしろになって汚い。外したい。娘も使ってないし夫もたぶん、使ってない。外してやりたい。(賃貸だから勝手したら大目玉だ)
私が風呂場を自由にオーダーできる未来があれば、鏡つけない風呂にしよーっと。
棚も一切いらん。掃除しにくい。

物件紹介する番組で、岩風呂ついてるんですよー!ってやるときあるけど、岩風呂なんてあんた。掃除めちゃめちゃしんどそうやないですかいらんわ。私、なんならユニットバスがええわ、トイレの横で頭洗うわ。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1706-84878ad5

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad