03

14

コメント

勝手にふるえてろのこと

綿矢りさの「勝手にふるえてろ」が実写映画化するという…
「勝手にふるえてろ」は好きな小説、呪いみたいになった執着ずるずるの10代の頃の恋にしがみつく26歳の女子はその執着彼を「イチ」と呼び、言い寄ってきたどうでもいい彼を「ニ」と呼んでいた。「ニ」のどうでもよさ加減と、眼球が痛くなるくらい盗み見まくった「イチ」の差が面白かった。
主人公は、しゃもじをぬらさずにごはんをよそう女に憎悪を向けていたんだけど、そこらへん実写にしてくれますか。
綿矢りさと私はほぼ同じ年、26歳の綿矢りさは26歳の主人公の小説を書き、26歳の私はそれを読んだ。もう6年も前で、現在綿矢りさは結婚して出産していた。
「勝手にふるえてろ」がYahooのトピックになっていたので色々思い出しました。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1694-22e52281

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad