12

20

コメント

キャラクター重視で漫画を読む

読書ブログにもかいたんだけど、漫画アプリで読んでる「オメガトライブ」という漫画がオモロすぎて、いや、オモロいのはオモロいんだけど、それより、内容より、ひとりのキャラクターに私は心を奪われている…

準主役の、元暴走族の梶くん…
自分の美学がありすぎて、クセがすごい、と思わず千鳥のギャグをかましたくなる彼である。
元々、暑苦しいキャラクターは好きではないのに、暑苦しすぎる梶くんは見た目がクール(眼鏡横わけは標準)になっていくので困る。
困るんだよ!!!!!特に国会議員目指すくらいからずっとスーツでよ!
モデルが鳥肌実とか…脳みそが震える。

梶くんの発するセリフにヤラれている私、
「族は終身雇用制にする」という日本語が存在することにピシャンと雷。
「100ビッグバン後に会おうぜ」という、ビッグバンて時間単位だったんだ!?という発想に雷。
という感じで、梶くんの発する言葉が今まで私の脳内に存在しなさすぎて、梶くんすげえ面白い、もっとみたい。
今私は寝ても覚めても梶くんのことを考えていて、こりゃ単行本集めるしかねえと思っている。
頭が痛い、こんなことをしている場合ではないのだけど…
夜、クソうるせえバイクなんかがよく近くの道路通ってんだけど、梶くんやと思えば許せる。いや、そんなわけねーだろとはわかってるけど、妄想でもしなけりゃやってられない。

キャラクター重視で漫画を読むと、沼のぬかるみがひどい気がする。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1611-e990a2de

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad