10

20

コメント

さみしい

コメント返信遅れていてすみません…

わるくない、とは思いつつ何か爆弾を抱えてはいないだろうかとも思う。
旦那は自分のやり方がハラスメント的だと自覚して、それからふるまいが変わったと思う。
けど、根本は変わらないので、やっぱり何か、怖いな、という感情は染み付いて取れない。

私が油断をすると、今まで私に対して説教をしてきた人の言葉が頭をかすめて、くらーい気持ちになる。
これは癖のようになっている。(治せよな)

今日、手を繋いで買い物をしている女子高生をみた。
いいなあ。
私はもうあんなふうにはなれない。
友達付き合いも、結婚や出産を経れば親戚付き合いのようなものになってしまうこともある。
なんだか、はっきりと、さみしい、と思ってしまった。
友達が欲しいわけではないので、このさみしさはなんなんだろうか。

考えがまとまらないとき、もやもやしたとき、私はいつも「うっせーバカ」と思う。誰に向けているのかわからない。自分かもしれない。

なにも考えずに眠りたい。
爆弾はありませんように。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1563-017865e2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad