10

18

コメント

わるくない

特にどうということもない日が続き、死にたい、とはあまり思っていないことに気付く。
死にたいと思っていたときは、生きている一瞬一瞬がまじでしんどく、体がクッソ重かったし何も手につかなかったし自分の存在を他人に知られたくなかったし脳みそが水に浸かってるみたいにぼとぼとで重たかった。

いまは体が軽い。
娘の髪の毛を編み込むくらいには元気。(しかし下手くそ)

娘は念願の自転車を買ってもらい、補助輪をガラガラいわせながら走っている。
私は練習に付き合い、淀川沿いのサイクリングロードを歩く。家から近いのだ。
見晴らしがよく、隣の市がみえる。広いなと思う。
大阪で、こんなに空が広く見えたのははじめてだった。
わるくない、と感じたけど、いつまで続くかな。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1562-20de7ae1

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad