09

08

コメント

無敵

デートがしたい。
なんじゃ唐突にと思われるかもしれないが私だってなんじゃ唐突にと思っている。

私はもう私が嫌だ。
私は二十歳くらいの私でない女の子になって、女の子として何の疑いも持たずに女の子の特権を享受してにこにこ笑っていられるようになりたい。
ふわふわしたワンピースを迷いなく選びたい。
そしてその子は気の合う相手と出掛ける。来ていく服や靴や鞄を選んで待ち合わせ場所に行く。今日はあそことあそことあそこに行こう、あれを話そう、あれを食べようと考える。
相手は男でも女でもよい。

そんなことを考えてたら「デートがしたい」ということになった。
わけがわからないよ。

なんだかさみしい。
私はもう、わくわくしながら人に会うということをしなくなってしまった。

今日も明日も、鏡を見ずに過ごすのだ。
私はもう私を見たくはない。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1539-8f954e8b

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad