08

13

コメント

追いかけて


「おそ松六年生」という本を買って遊んでいる。
名前の通り、「小学○年生」の雑誌みたいな仕様になっている本だ。
ぬり絵や着せ替えがついていておもしろくて、娘と一緒に遊んで…いる…
ふろくのパンツは家でひとりのときにはいている…涼しいよ。
「カラ松が皮ジャンを盗んだ犯人をさがすおはなし」を娘に読まされるところだった…あぶねーあぶねー。「シェー!」とか言わされるところだった…

大阪では「おそ松EXPO」というトチ狂ったイベントが開催中で震えている。
詳細を知れば知るほど、行けるかよ、と思う相変わらずの小胆。
会場は、前にプリキュアのイベントがあった場所だった。(南港だ)

まだまだみんな元気だ。安心。
私は家で着せ替えをしているのが性に合っている。
最近はおそ松とチョロ松がかわいいなと思います。なんか、グッズみてて。

そいでまた、「おそ松くん」がみたい。(古いやつ)
こどもがほしいという金持ちの家に、おそ松だけ引き取られて、お母さんがさみしくて泣く話がみたい。たとえギャグ漫画でも、お母さんは「六つ子のひとりくらいいいじゃん」とはならないそんな姿勢が見えてとても安心したのです。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

このコメントは管理人のみ閲覧できます

08

13

11:28

とり子

非公開の方、コメントありがとうございます。

おそ松グッズは女子向けにかわいいものが多いです。

親鸞アニメがあるっぽいので、本願寺ではそのシールが売られていたと思われます。
ブックセンター、いいかんじすぎました。

今日も私もとりあえず生きてます!

08

24

23:27

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1521-832404ca

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad