07

23

コメント

どうやって生きればいいのかわからない2016

旦那と話せば話すほど、いや、ちゃうな、旦那が話せば話すほど、私の心は冷めていくので参ったねコリャ。
旦那は、もう100%、自分が正しいと思っているので、もうこれはすごいよ。不動だから、私はなすすべがない。動かざること山のごとし。思ってるっつうか、はっきり言われたからね、お前が泣こうがゴチャゴチャ言おうが、おれが絶対に正しい、とね。私、旦那が間違ってるなんて1回も言ったことないのに…
で、正しいんだよ、旦那が。筋のとおった理論、経験に基づく根拠、社会人…もといビジネスマンとしての自信、全てをとっても非の打ち所がなくて、だから私はなんにも言えない。
正論という武器で私はいつもめためたにされていて、心がいつもひゅるりら、凍てついて、何にも受け付けなくなってしまう。
今日も今日とてなにかがおこった。はー。
私も旦那も、わたしたちはうまくいっていないと思っている。
旦那は、私のために色々言っているのだといった。嫌われてもいいから言っているのだと言った。私はそんなに、だめなのかと思った。旦那に言わせりゃ私はだめらしくて、自分が死んだあと、私が今のままだったら苦労するだろうと思って、私にガミガミと言っている、のだということだ。
どうですかこの話。どう?どんな印象?ええ話?ええ旦那でしょうか?

私は怖い。めたくそに怖い。
私がだめだめなのも怖いが私をどうしたいんだこの人は?と怖い。
親なの?
嫌われてもいいとか言って、なんかの師匠なの?私がいつか、「あのときの厳しい修行があって今の私がいるのですね師匠ありがとうございます!」とか思うとか思ってんの?(思ってそう) 
それとも私が新入社員で、旦那が直属の上司なの?
私はもう、旦那を旦那として見れないよ。性交なんて本当にむり。親とも、師匠とも、上司とも、私は性的関係を持てませんよ。
つうか触れるのもしんどい。
そしてやっぱり、私に収入がないこと、それが見下されている原因てのもきっぱりはっきりした。
私はどうやって生きていけばいいのかわからない。いい大人が。32歳の大人が。

色々とむりで、コメントでも、実家にかえったほうがいいというアドバイスをしてくださる方がたくさんいらっしゃる。ほんとうにありがとうございます。
去年逃げたときは、激しい旦那への拒否感と、旦那がおらん生活になるんだったらなんでもやったるというバイタリティがあった。
いまは、それがなくて、ただぼんやりとした「死にたい」がある。
少しはあった自分の自信みたいなものを旦那が根こそぎ持っていってゴミ箱に捨ててしまったので、いま私は空っぽなのだった。
生きる気力や指針、ビジョン、なにもない。
ただはやく死にたい、もとい、楽になりたい。
楽になる方法がわからないから、死ぬしかないと思っている。
実家に帰ってもなおらない気がするのです。
前は、実家での生活のビジョンがあった。
いまはない。まったくない。

関係がこじれた友達から訴えられる夢をみたり、旦那にびくびくしてる夢をみたり、寝ても疲れる。

旦那が私の「外で働く経験の少なさ」をわたしのダメさの引き合いにあまりにも出すので、私は外で勤めている人と接するときに「私は見下されているんじゃないか」と異常に気になるようになった。

最近はほんとうに、いいことがない、
少ない友達にも、ほんとうのことが言えない。

好きな本や、あたらしい漫画を読んでみたりしたけど、「おもしろいなー」と思う感情のすぐうしろに「早く死にたい」があって、たのしくない。

娘の話がでてこないでしょ?
それもやべえなって思う。
もうキャパシティがオーバーしてんだ。

ただもう疲れた。休みたい。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

このコメントは管理人のみ閲覧できます

07

23

01:32

ラリっさ

お願いだから実家に帰ってください。

07

23

10:59

このコメントは管理人のみ閲覧できます

07

23

13:16

聖子

旦那氏め、、反省したかと思いきや、、、
もうこりゃ一生治らんな、、うちの家族と一緒やね
みんな自分が正しいと思い込んでる

バカどもめ、、、

もう何も行動する気力さえわかんのやろ?

実家に帰れば全てが解決にはならんもんね、、、

トリコ氏よ、、とりあえず短時間パートにでてみては?

社会かた孤立すると 余計に自分を責めてしまうから

私も無職で、働いてないと生きてる意味なんじゃねえのかと思った

見下されてる感半端なかった


07

23

13:52

このコメントは管理人のみ閲覧できます

07

23

14:24

このコメントは管理人のみ閲覧できます

07

23

14:41

かもめ

とり子さん、
私にはあなたが素敵なひとに映ります。
あなたの何も知らないけど、とても好きです。
ご主人のいう正しさ、世間の正しさ、
そういうのに侵食されるのが勿体無いくらいに
とり子さんの考え方や文章、後ろ向きなところや内向的なところや、
ずっと溢れてくるドロドロネバネバしたものを隠し持っているところや、
だからこそ自分を攻撃してしまうくらい澄んだきれいなところや、
どれも大好きです。
我儘を言うと、あなたに現実世界でいつか会いたいし、
共通の話題がなくてもただあなたと同じ空間を過ごしてみたいです。
家庭、社会、そういうものから解放されて、一緒にぼーっとしてみたいです。

あなたのしんどさや苦痛を何も解らず無責任なことばっかり言えないけど、
あなたのフィルターを通ってから見える世界を愛している人たちは
たくさんいます。
このブログや読書ブログを読んでいるひとのなかにたくさんいます。
私もそのひとりです。
あなたを苦痛のなかに置いたまま、
傍観者として画面の外にいるだけですが、
あなたに死んでほしくないです。
なにも出来なくてごめんなさい。
ただ、あなたに死んでほしくないです。

07

23

21:35

よりみち

ダメならダメなまま
一緒に生きていけたらなって思ってるよ



てかとり子さん
全然ダメじゃないけどね
全く全然ダメじゃないけどね

おいらはそう思ってるよ

離れてるけど
全くもって離れすぎだけど
いるな
って思ってるよ
いるよ
って思ってるよ

07

23

22:09

このコメントは管理人のみ閲覧できます

07

24

00:02

とり子

ラリっささん、コメントありがとうございます!
端的なご指摘…私がいかに切羽詰まっていてラリっささんをざわつかせたのかがわかります…。
少しおちついた今、やっとコメント返すことができました。遅くなってすみません。

08

06

23:15

とり子

聖子さま、コメントありがとうございます。

いつも毎回のようにコメントしてもらって…まじありがとうございます。
パート考えてたんだけれども、娘の夏休みの間どうするねんみたいな話になり、投資なんかをがんばることになりそう…です…

08

06

23:21

とり子

かもめさま、コメントありがとうございます。
遅くなってすみません。

熱烈なファンレターを頂いてしまった!と私はどぎまぎしてしまいました。死にたいと思っている傍らウフフと嬉しくなりました。
わたしたちは画面を通してのコミュニケーションですが、前も私が逃亡したときにかもめさんがコメントくれたことを忘れていませんし内容も忘れていませんしこのご恩は一生忘れませんと思っています。今回もありがとうございます。
私はブログでしか吐露する場がなくて、ブログの中の私は今生きている生身の私とはちがう人格です。恥も外聞も捨てたやつの綴る文章です。そんなのを好きだと仰ってくれてほんとうにありがたい。嬉しいです。
いまはお忙しいことと思います。(お子さん無事に生まれましたでしょうか。)私もかもめさんのブログ楽しみにしているのでまた落ち着いたらブログかいてください!ね!

そして、そうですね、いつか一緒にボーッとしてみましょう!


08

06

23:38

とり子

よりみちさま、コメントありがとうございます。
遅くなってすみません。

頻繁にコメントくださってたのに!ずっと返信してなくてごめんなさい。
いつも励ましてもらってそのまま逃げている腰抜け野郎みたいな私ですがそれでもだめじゃないですか!?

離れているのは全然問題ではありません。
コメント越しに、よりみちさんが、ここだよーって合図を送ってくれているのがわかります。
私もここだよーと、これからもブログかきますので来てくださいね!

08

06

23:44

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1503-bf42fec1

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad