10

24

コメント

小児科発掘、不活化ポリオ接種

一番近くの小児科を発掘し、電話で問い合わせをしてから、
不活化ポリオ接種に行ってきた。

電話で問い合わせをしたときに、嫌な予感はしていた。
電話に出た、小児科の人は、こちらの話を全然聞かない、おばあちゃんであったからだ。

「この病院、絶対古い」という確信を持ち、
午後一番で小児科へ向かった私。
案の定、古い。昭和30~40年代の香りがする建物。
古い扉を開けると、奥から、白衣を着たおばあちゃんが慌てふためいて出てきた。
しばらく待たされて、問診票を渡され、書き込む私。
診察室に通されると、奥から白衣を着た別のおばあちゃんが!!
「!?」
ビビる私。どうやら、遅れて登場したおばあちゃんが、医者のようだ。
初めに出てきたおばあちゃんは、看護師かな。
ここは、おばあちゃん2人で切り盛りしている病院らしい。

さて、注射をされて、初めて娘は泣かなかったのであるが、
おばあちゃん2人のマシンガントークに圧倒されて、注射の痛みどころではなかったのか、
それともおばあちゃん先生の腕が凄すぎなのか。
わからないけど、とにかく接種は無事終了。

が、しんどかった、あの病院。
渡された問診票は、四種混合のものだったし、(あら!これちゃうわ!って、またポリオの問診票書かされた)
診察室は、古めかしいおもちゃやキャラクターものでカオスだったし、
なぜか診察室の棚に『やじきた学園道中記』と『こち亀21巻』がぐしゃっと入っていたし、
おばあちゃん2人かと思ったら、帰り際、受付の向こうにおじいちゃんらしき人もいたし
おばあちゃんは年寄独特の、心にグサグサ突き刺さる言葉を発するし、
注射が終わっても、なかなか帰れなかったし、


他の病院、探そうかな…

娘は始終ごきげんだったけど、
私は、前の住まいの目の前の、
かかりつけの病院が懐かしくて懐かしくてしようがない。
こざっぱりとした診察室、あっさりとした先生、あっさりとした看護師さんたち、
注射が終わればはよ帰れモードなあの感じ。

帰ってテレビ見てたら、
「0歳の女の子、不活化ポリオ接種して3週間後に死亡、因果関係は不明」
ってなニュースがやってて、心臓がバクバクである。
なんつうタイミングよ。

クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

じゅいえ

お疲れ様でした。
私も思わず家事の手をとめて、そのニュースききました。
嫌ですね、ほんとに。
日本脳炎の接種直後の死亡事故もニュースになってましたよね、確か。
うちも来週ポリオ2回目なので、ヒビってます…

10

25

02:09

かもめ食堂

新たな小児科、お疲れ様でした。
なんだか、カオスな小児科なのですね・・・
プロのおばあと助手のおばあ・・・
魔女宅に出てきた、にしんのパイを焼いたおばあ2人組を一瞬想像したのですが、
おじいもいたのですね・・・

やじきた学園道中記、Ⅱなのか文庫版なのか…
気になりますが、どちらにしても誰の愛読書なのか気になります…!
まさかおじい…!

良い小児科、見つかると良いのですが。
地域によってもピンキリですよね、小児科…。
私も今のかかりつけで良いのか悩み中ですが、
良い小児科を探すのって、なかなか上手くいきませんね。

ポリオ接種後の死亡事例、因果関係が無い事を祈るばかりというか、
亡くなった女の子に、ご冥福をお祈りするばかりです。

10

25

08:58

とり子

じゅいえさま、コメントありがとうございます。

あのニュース、ポリオとの因果関係ははっきりしてなくて、
でも一応報道されるってことは…
と怖くなりますね。

ビビりつつも、受けなければいけない予防接種…
大体が大丈夫なんでしょうけど…

亡くなった女の子と家族のことを考えても、心臓がバクバクしました。

10

25

17:21

とり子

かもめ食堂さま、コメントありがとうございます。

小児科は、ばあちゃん疲れしました。
もうほんとにどうしようかと思っています。
『やじきた』は、1冊だけ、しかもカバーもなくてボロボロ、
かろうじて読める「やじきた…記」から推測で、『やじきた学園道中記』だろうなあ、と…
やじきた、こち亀、2冊とも、絶対に忘れ去られています。
20年くらい、あのままに違いありません。
それくらい、カオスな空間でした。

混んでいないのが救いです。
いやまて、混んでないって…人気ないんじゃないの!?と、ふと思いました。
いい小児科、見つけたいですね。

ポリオニュースは、
「女の子が入浴中、いきなり鼻血を出して嘔吐して翌日亡くなった」
という内容だったので、本当に怖かったです。
女の子が、娘と同じくらいの月齢(6か月以上1歳未満)だったので、
すごく気の毒です…

10

25

17:33

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/146-16bc3f01

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad