03

25

コメント

オタクは恥ずかしい

私はブログではアニメがどうのこうの言ってるけど、リアル世界ではそんな話は一切せずに過ごしている。まあ、話する相手がいないってのもある。しかし、家族…旦那にさえも、私がどんなにオタクであるのかをなるべく隠して息をしている。(しかし、キルラキル、おそ松さんに関してはDVDやグッズ、関連書籍を買わないと死にそうだったので…考えて考えて、もうあかん、タイムリミットや!ってときにカミングアウト)
友達なんてもってのほか…私がどんなにアニメ見てるかなんて…言えない!
だから、なんかすごい、オープンにオタクをさらけ出している人を見るとハラハラしてしまう。
つうか、戦慄する瞬間がある。
先々週くらいか、「今年が大事芸人」だったかな、そんなくくりのアメトークを見ていたら、おかずクラブのオカリナが雛壇にいた。
オカリナは…オカリナは…こともあろうにBLの話を持ち出したのだった。
オカリナは腐女子だったのだった。
…え、えぇー…!?(戦慄)

いや、別にいいんだ。腐女子は、たぶん遡れば平安時代とかにもいただろうし、そういうのが好きだって全然、構わない。うん、面白いよね。わかるわかるよ。
しかし、それ…その世界って、狭きコミュニティで、誰にも迷惑をかけずに、楽しむものなのではないか…?と私は思ってて、深夜とはいえ全国に発信する電波にのせるべきではないのではないか…
オカリナよ…私は恥ずかしいんだよ!私は、男性陣の「はっ?」っていう反応がものすげー、怖くていたたまれなくてほんますんませんとしか思えないんだよ!
ああだから、そういうことを男性陣の前で言ってくれるな、私たちは、ひっそりとそれらを楽しむべきであって「私料理が好きなんです」と同じトーンで紹介したらあかん!

もうひとつ!
いま、「少女達は荒野をめざす」というアニメが放送されているが、このアニメにもオープンすぎる腐女子が登場する。
オープンすぎてひく。
自己紹介みたいなのをさらさらーっとしたあと、「つーか腐ってる」って付け足したのに戦慄した。
いや、それいる!?いらないでしょ!隠すでしょ普通!
という私の焦りをよそに彼女は回を重ねる毎に蛮行(BL同人誌をみんなの前で広げる等)を繰り返し、私はいたたまれなくなってこのアニメを直視できなくなっていた。
オープンすぎる…

ニュース等でコミケの話題が出てるのを見るのも「やめてえー!」とまだ思う。つまびらかにしないでえー!

私が「オタクは恥ずかしい」と、根強く思っている、というだけの話なんだけれども。
(腐女子とオタクは違うというが、一般から見れば同じだ馬鹿野郎)

こうやって自分が防衛していても無駄なときもある。
旦那の会社内では、私はオタクになっているらしい。
旦那が色々喋っていた…戦慄。
私はもう誰とも会わないぞ。(会うこともないが)

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

聖子

トリコ氏は 純粋なオタク道なんやなと思いました。
そうBLとかやおいって、ヒッソリコッソリ文化だったはず、、数年前から異様なオタクブームで、もはやオタクであってオタクでない人種がウヨウヨ。
むしろオタクがネタになっとる、、。
オタクの商業化ですな、、、。

あと、後ろめたい趣味だから 家族の前で言えないってのもあるよね、、。
私も家族なんかに絶対オープンにできない。友達もよほどじゃないとなあ、、。
イエモンなら堂々と好きと言えるがLUNA SEAだと微妙な気分になる笑

でもトリコ氏の娘さんが ちょこちょこトリコ氏の購入物とかに突っ込むのがおもしろいよね笑

03

25

02:22

とり子

聖子さま、コメントありがとうございます。

純粋ですか?いやーお恥ずかしい。
「好きなものほど隠しておきたくなる心理」が働いているという説もあります。(私のなかで)
聖子さんの、「イエモンは言えるけどLUNA SEAは言えないかも」というのもその心理が働いているような気がします。
否定されたらめちゃめちゃショックじゃないですか!!!!!

最近は、テレビでオタク文化が取り上げられるようになって恥ずかしいなーと思うことが増えました。
オタクはいつから市民権を得たのか…と不思議に思います。

確かに娘にはいつも鋭い突っ込みをされていますね…
私のオタ活動の一番の被害者は娘なので突っ込む権利はあるのですが。


03

26

01:12

管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1411-a976f269

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad