03

20

コメント

校長先生のお話

世間は色々賑わっているが私は眠っても眠っても眠り足りません。頭が痛い。


しかし山陽道のトンネル事故写真にうわっ、と思った。
何回も通ったことがある。一寸先は闇。

あと、大阪の校長の発言が大炎上しているようで、おお、燃えてる燃えてる。
校長の発言は一部を切り取ればヤな感じに聞こえるが、全部を読めば、まあ、別に間違ってはいないなと思う私もいる。
でもまあ、校長に言われんでも子供をふたり以上産む人は産むし、産まない人は産まないのだ。
私だって、そんなこと言われても産みたくねーもんは産みたくねーんだもん。日本がどうとかより、毎日つらいんだもん。怒る気にもならない。怒ってんのって誰なんだろう。
校長が、「このままだと日本やばい」って思ってることだけはわかったし、そんな校長の魂の叫びをきいた当の中学生たちがどう思っているのかが超知りたい。
私が中学生のときは、校長の話なんて聞いたはじから忘れてたというより、はやくおわれと念じるだけの時間だったけどどうなんだろう。
先生の話というものは次の瞬間には忘れているものだけど(私だけか)過激な考えの先生の話はけっこう心に残る。私が小3のときに担任だった先生は、私は左翼だったんじゃないかとニラんでいるのだけど、その先生の話ってなかなか強烈で覚えているし、他の先生の話は全然覚えていない。
あの校長の話は「覚えている方」に入るのかどうか。
わっかんないな。
「数学の宿題やってねえ」とか「部活超だるい」とか「今日の日付、私の出席番号やん!当たるやん!」とかで頭がぐるぐるしている生徒にはたぶん響かないだろうし。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1403-cb9d26f0

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad