03

10

コメント

嫌な電話というのは取る前からわかる。予感がするのだ。
ああ、いやだなあと思い、スマホの画面に表示されている相手の名前を見つめる。名前の、文字だけで、人をこんなにもげんなりさせるのはすごい。取らないわけにいかないから取る。
不機嫌な声がして身がすくむ。
私は謝るしかなくて、1日が憂鬱になる。
こんなことで私は1日をぶっつぶすことができる。
嫌な思い出がどんどん思い出される。
出掛ける先々、全ての道や場所に、嫌な思い出が染み込んでいて逃げ場がない。どこへ行っても、「あのとき、こんなことがあって嫌だった」ということばかりの影がある。
どこへ行っても影がある。律儀に私は色々なところに嫌な思い出を作っている。
どこへ行っても。
どうすんだよどこにも行けないよ。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1397-c295f2af

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad