11

23

コメント

スーパー銭湯・ザ・ワールド

わたしゃ今日岩盤浴行ってきた。
いや、スーパー銭湯のなかにある岩盤浴行ってきた。
娘は、旦那に見てもらって、単身乗り込んできた。
岩盤浴は私だいすき。前行ったのは2011年3月。よく覚えてる。実家の近くの温泉施設だった。
震災があって、まだ日本は混乱していたからよく覚えてる。

前行ったのは、温度が高くて狭くて、修行みたいだった。
けど、今回はなんか高級で、なん種類も岩盤浴の部屋があって、温度も色々で、アロマの匂いがして、私は選ばれし者になった気分で岩盤浴に一時間以上滞在した。
めったにかかない汗をかきながら、あー、私キてる、キてるわー、と訳のわからない高揚をしていた。
たのしかった。

スーパー銭湯のお客さんのダレ具合がはんぱなくていつも私は変な空間だなと思う。
みんな、オシャレとか化粧とか忘れて家みたいに過ごしているけど家じゃない、そこは銭湯という名のテーマパークで非日常なのだ。
岩盤浴では、しらんおっさんが隣に寝てたりする。
岩盤浴に必須の水は、ペットボトルに名前を書いて、共同の冷蔵庫に入れる。知らない名前がひしめき合う冷蔵庫…
なんなんここは…おもろすぎやろ…
そんな私は誰にもわかんないだろと、ノーブラノーパンで過ごしていた。(岩盤浴で下着つけると気持ちが悪い)
漫画もたくさんあって、新刊もちゃんとそろっててまぶしく、おいしそうなジュースも売っていて、腕輪のバーコードをピッピとやれば購入できる。
お風呂も豪華。
ミルク風呂と名のついた乳白色の風呂は、ミルクが入っているわけではなく、細かい泡を発生させているから乳白色にみえるという代物で、湯に浸けた腕を握るとしゅわしゅわと、確かに細かい泡が!はあー、凄い凄い。
顔にスチーム当てながらの入浴、寝転びながらの入浴、大画面でテレビを見ながらの入浴、エトセトラ、私は回りきれなかった。
金と時間が許されるのならばここで1日過ごすこともやぶさかでない、と思わしめる素敵なサムシングが、今日行ったスーパー銭湯にはあった。
やばかった。
タダ券があと2枚ある。(券があるから行ったのだ)
行くしかない。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1293-e4231b95

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad