11

28

コメント

もったいない、気が済んでいない

益田ミリの漫画に、「結婚しなくていいですか。」てのがある。
その中に、アラフォー独身の「さわ子さん」て女性が出てくる。
会社ではお局ポジション、実家暮らし 母と共に祖母の介護をして、もう13年も彼氏がいない。
そんなさわ子さんが、寝たきりのおばあちゃんにプリンを食べさせながら話していた。
「おばあちゃん、あたしずいぶん彼氏がいなくてね、もうすぐ40歳なの
おばあちゃん、あたしのことかわいそうって思う?
おばあちゃん、あたし自分のことかわいそうとは思ってないから安心してね
ただ、もったいないな、とは思ってるの」

さわ子さんは、結婚に不安はありつつ、「このまま二度とセックスしないんだったらもったいない」と思ってるんだった。
将来のことももちろん心配でそれも考えなければいけないのだけど、それよりも、さわ子さんは、自分の体をもてあましている、その事が嫌なのだ。
あー、私、さわ子さんとは違う立場だけど、これや、なんかわかるって思った。

もうひとつ。
南Q太のエッセイで、4人めの子供を産み終えた南Q太は「もういいや」と思っていた。
「気がすんだ」と思ったらしい。
あー、これや、私はまだ全然気がすんでないわ。

私はいま、さわ子さんよりの思考回路のなかにいる。
セックスうんぬんより、私はもう子供を産めないのか?いや、産まなくてよいのか、なんでこうなった?
って毎日思ってる。
さわ子さんみたいに、もったいない、って思ってる。
まだ全然気が済んでない、って思ってる。
全然全然済んでいない。全然やバカタレが!
私だって、私だってなあ!

でも、1度ぽっきり折れてしまった心(逃亡したとき)はなかなか元には戻らない。
子供をつくるのかい、と訊かれたら
「え~、勘弁してくださいよお~!」ってのらりくらり薄笑いを浮かべながら固辞しつつ目はマジ、みたいに答えてしまう自分もいる。

でも、気が済んでいない自分がやはりいて、
どっちやねん!
私はどうしたいんや!
ってぐちゃぐちゃかんがえてるうちに、取り返しのつかない時期になってしまいそうです。

そんで、また私は漫画を参考にするよ。
逢坂みえこ「おかあさんとごいっしょ」って漫画より。
40代のキャリアウーマン、独身不倫中、は生理がこなくなってむっちゃ悩む。
妊娠?病気?わからないけど、よし、妊娠してたらがんばろう、って思ったのだけど、病院行って検査した結果、「ごく普通の閉経」だったのだった。
うおー!あわー!
タイムリミットぁー!

こういうのって、リアルでは誰にも言えないよね。生々しいもの。
私だって、そんなんききたくねえわ。
一切ききたくねえわ。

なんか…書いてて気付いた。
私の上記のこの記事、かいつまんでいうと、「旦那とはもうヤりたくねー(つーかセックスじたいがくそめんどい)けど子供は欲しい」ってだけやん。
「なに言っとんじゃアホか」で私が一蹴してきた身勝手女あるある(ネットでよく見かける)やん。
あほらし。
この記事おわり。
解散解散。




てのを1か月前にぐだくだと記事にして、放置して、で、まだなんにも変わってないっていう。
あほ。
読書量だけ増えていって、生きるか死ぬかの恋愛を繰り広げてる話を読んで、はあーあ、いいよなこいつらは…「この人じゃないとだめ」ってのがあって…わたしときたら…やれやれ。
となかなんとか思って傍らアニメみたりして、そのアニメが、コンピューターで、あらかじめ人生が決定される、みたいなやつでさ、なんて楽なんだろうね。それは。

結論出ず。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1252-8f9b6ff0

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad