10

18

コメント

奈良はいいな

奈良に行きたい、と思ったので奈良に行った。
秋の奈良はよかったよ。
奈良っても奈良市ね。鹿のいるところ。
旦那は奈良に詳しいので連れていってもらう。

久しぶりに東大寺行って大仏にも手を合わせてきた。
私は、大仏は情緒がなくて厳かな気持ちになれないし、寺っぽくなくてざわざわガヤガヤしてるしあまり好きではないのだけど、娘と一緒に行ってみたかったので行った。
相変わらず大仏はでかい。私はいつも、手塚治虫「火の鳥鳳凰編」を思い出し、鑑真を思い出し、井上靖「天平の甍」を思い出す。
大仏の手のひらに乗って、皆を見下ろしてみたい。
四天王のうちふたりは首しかない。
如意輪観音は好き。
侍は、寺を焼きすぎ。

大仏殿には、拝観料500円を払わなければ入れないが、外から見るだけなら、払わなくても見られる。
その「外」から、大仏殿に向かって必死に手を合わせている人がいたのを見た。
私は、大仏がきちんと「仏」として存在していることに少し安心した。
あまりにも、見せ物然としていた大仏…
私は、その見せ物感、お飾り感が好きではなかったのかもと思った。
大仏はちゃんと拝まれていた。
よかった。

そうだ、奈良には「くるみの木」というお店があって、そこのごはんはすごく素敵でおいしい。
いつも混んでる。でもおいしい。とても人気のようだ。
ランチが限定で予約たいへん。でもおいしい。
「よ、予約してあるのに、席についてからかなり待つんだなあ…」とか思ったこともあるけど、おいしいからもういい。
旬の野菜のおかずがたくさんついてて、味噌汁もおいしい、ああ今回は少し炙った油揚げ(この手間にしみじみ)ときれいな色のさつまいもに三つ葉が散らしてあったなあ、ご飯も季節の混ぜご飯や炊き込みご飯で、なむなむと手を合わせたくなる。
義両親がいつも予約してくれるのでわたしらはついて行くだけ、というフザケた楽さでいつもくるみの木のランチを頂いている。
外食の味の濃さや、野菜の少なさに疲れた私にはとてもとてもありがたい。
前、無印のカフェのごはんを食べたかったのもそんな理由だ…

イメージとしては「暮らしの手帳」「リンネル」って感じですかね。
雑貨屋もあって、あんま見てないけど。
服屋もあって、ミナペルホネンとか置いてありました。
シルエットゆったりめの、生地は上等な服、高い、てやつ。
あれ?なんかディスったかんじになった?

奈良はいいな、て話。
次は唐招提寺に行きたい。

西大寺あたり(買い物するとこがある)にはよく行くのだけど。
東大寺もあれば西大寺もあるのですよ。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1247-857cfd65

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad