10

03

コメント

またきた鬱きぶん

公園にいこうと思っていたのだけど行けず。
鬱気分はひそやかに忍び寄る。
娘は絶えず「ねーねーおかーさん」を発する。
娘の何かしらのシグナルなのかもしれないとおもう。

私は娘にどう映っているのか。

頭痛薬を飲んでみても、焼け石に水。
うつの認知療法の本も途中で止まった。集中して読めない。
だから小説や漫画をよんでみたのだけど…

最近は泣くこともなくなった。
前はよく泣いてた。
泣いても解決しない、惨めなだけだということに気付いてしまった。

昨日、近所の空き家の壁がすごい音をたてて崩れた。(取り壊し工事をしていたわけではない、勝手にこわれた)
向かいのおばさんは最近元気がない。
隣の家は工事中、音がすごい。
後ろの家の風呂場から流れてくるシャンプーの匂いが気持ち悪い。
いつも、どでかいおっさんのクシャミが聞こえてきて、嫌だ。
子供の声が多方面から聞こえる。嫌だ。
旦那の煙草の匂いが気持ちが悪い。
こんなところはもういやだ。
自分の目や耳や鼻から、他人の存在がぐいぐいと入ってきて、私が圧縮されていく感じがする。

脳みそが重い、ありとあらゆるところが乾いて、皮膚がピリピリする、胃は砂が詰まっているようだ。
こうやって、私は悪いところばかりしか見れなくなり、そのうちに世界を歪ませて、こんな歪んだ世界では生きていられないと、まったくの主観で思い至る。自分の作った歪んだ世界にサヨウナラをする日を迎えたい。
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1230-ba975461

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad