01

19

コメント

さらばブラジャー

いきなりなんだけれども、ブラジャーは全部捨てることにした。
私はブラトップ一本で生きていく決意をしたのだ。
大体、私はしみったれた値段のブラジャーしか買わないもんだから、すぐにワイヤーはねじれて体に突き刺さり、不快な思いをしている時間の方が多かった。
いらねえ。こんなもん。ぽい、だ。

ブラトップのなんと優秀なことよ、キャミソールがセットになっているんだぜ?

胸の形とかどうでもいい、どうせ私は貧乳だし、
まあ言ってしまうと65のCだ、
Cだといえば、少しはましにきこえるかもしれんが
65、という数字に着目すればただのガリガリギスギス女なのだということが容易に予想できるだろう諸君。
しかしこの数値も2年ほど前に測ったものなので現在はどうなっているやら知れない。
(縮小している気がする)

私には、「まだまだ女として」みたいな矜持は全く無いし、かわいい下着が欲しいなどという物欲も無いし、ないないない、私にはなにもないのだ。

それで私は乳のない私がけっこう好きである、
自分のあばら骨を触るのが好きだからだ。
だから、
これでいいのだ。







バ~カボンボン♪
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL

http://musumejigoku.blog.fc2.com/tb.php/1011-e169e255

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad