08

30

コメント

まだまだ海月姫

海月姫の映画を気に入った娘…
お母さん買い物行くけど一緒にいく?ときいたら、いかない、これ見てるから、と海月姫のDVDをセットしはじめて、留守番していた。
変な奴…

買い物から帰ってきて、また私も見てみる。東村アキコ本人でてるやーんと気付いた。
2回目だと細かいところにも気付ける。
天水館に干してあった洗濯物。魚柄のバスタオルはIKEAのものだったんだけど尼~ずIKEA行くだろうかとしばし考えたりする。
まややとばんばさんが原作より協力的。
私の好きなネタががっさがさと削り取られていた…
蔵之介の、「今日は男装でいくから、惚れるんじゃねえぞ」とか、花森さんの「メルセデスよもやま話」とか…
音楽がせかいのおわりで、どうなんかいなと思っていたけどけっこう合ってた。
きらきらした映画を作りたかった…んだろうな。
原作は最終局面ぽくて楽しみ。
娘に原作を見せてみようかな。

娘に漫画をどんどん見せている私…
今日は娘、ドラえもん読んでた。
私は私で図書館で漫画を予約しまくり。
こうの史代、吉野朔実、山下和美。
もうなかなかお目にかかれない、ささやななえこ。この人の漫画、ガチで怖いんだから。




スポンサーサイト
web拍手 by FC2

08

29

コメント

遠く及ばずサイコパス

ネットでみつけたサイコパス診断やってたらテレビで吉田沙保里の情熱大陸はじまってどうでもよくなった。とりあえず私の闇はサイコパスに遠く及ばないし(すいませんっした!というかんじ)吉田沙保里の情熱大陸めちゃおもしろかった。
吉田沙保里をはじめ、レスリング女子たちのまぶしさは激しかった。
結婚したーい!と叫ぶ吉田沙保里。私は真面目に考えても吉田沙保里に似合う男子像が実を結ばなかった…

実写映画の海月姫を借りてきたので見る。東村アキコ作品の中で私は海月姫がいちばん好き。(次はきせかえユカちゃん)
久しぶりに邦画(アニメ以外)を見るが、本編がはじまるまえの予告編がくそ長いししゃらくせー邦画ばっかだしげんなりする。
海月姫は、やっぱ原作がいちばんだった。
アフター月海、もっと化粧濃くせな変身ぶりわからんやんけとか着物だからよかったのにとか、蔵之介喉仏隠してー!とか、色々とあったけど、アジアン馬場園の智恵子がいちばんよかった、まじ智恵子だった。
あと舞台美術よかった。天水館のレトロぶり、見てるだけで楽しかった。
はー、それにしても映画って長い。途中でやめたくなる。気に入ったシーンだけ見るってのが私には合ってる。
コクリコ坂は冒頭の、朝ごはんシーンまでが大好きで音楽も最高だからあそこばっか見てる。あとはしらん。

娘はどこで覚えてきたのか、ディズニーのプリンセスソフィアをレンタルし、わたしもどないなんかいなと見てみたらすげー設定でさ…
まちの靴職人だったお母さんが国王(やもめ子持ち)に見初められて結婚したから自動的に娘(ソフィア)もプリンセスに…
なにこれ波乱の予感しかしない…と思うし、結婚前に城内で、「陛下、あんな下賤な子持ち女と再婚などおやめください」っつって首はねられた臣下(もちろん見せしめである。この一件で、国王の再婚に異を唱える者はいなくなった…)とかいたんじゃねーかと思う無茶。
お母さんはたぶんいじめられる。マリーアントワネットですらいじめられてたんだよ!?(推測)
娘なんてケチョンケチョンだよ。
とは思うが一介の靴職人から国王の妃にまで上り詰めた母親の手腕もなかなかどうしてで、古株の側室(んなもん出てきてないが)とも対等に渡り合ってここは大奥かとかなんとかそんなドラマが展開されるのもやぶさかではない。
(ディズニーに敵対する女がおおくりしています)


web拍手 by FC2

08

28

コメント

夏のおわりの分からず屋

寝る前に、「わたしねおかあさんのことずっとだいすき」と唐突に言う娘、私は「どうしたんだろう」と思う。
私なんざまあ適当な育児をしているので、大好きと言われると「ほんとかよ」と思ってしまう相当なアレであるよ。
ほんとうに、アレっすわ、サイコパスなんじゃねえか私はと時々思うよ。

夜空を見上げては、どこか遠くへ行きたいと思ったり、ああそうだ、今日は花火を見たけれどもクライマックスの戦のような花火ラッシュのなかに私は「鬱」の字をみました。

引っ越してきてから環境が変わり、なかなかの夏を過ごせたと思います。
娘をよくプールに入れた夏だった。

去年の今頃は逃亡前夜という感じでした、どれだけ辛かったかはもう脳みそが拒否していてうすぼんやりとしか思い出せません。



web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad