01

29

コメント

拝啓、魔女の宅急便

「魔女の宅急便」は冒頭から泣ける。
人目をはばからず視聴できるなら泣いてる。ずっと涙目で見てるとおもう。
小難しい考察とかどうでもいい。
私はあの世界の完璧さに泣いている。
13歳。
世界の中心には13歳がいた。

私はいつのまにか、オソノさん側の人間になってしまったが、いや、私はオソノさんのように見ず知らずの13歳に空き部屋を貸すことができるだろうか。
関わりたくない、と思ってしまうのではないだろうか。
私があの世界に生きていたとしたら、街にやってきた13歳の魔女、空飛ぶ飛行船、全てに関わりたくない、と思っていると思う。
よかった。
私はあの世界にいなくてよかった。
あの完璧な世界でも、自分がその世界に存在していたら、自分の存在ゆえにその世界を憎むはめになるだろう。
よかった。アニメで。
私はいち視聴者として、あの世界に干渉することなくあの世界に触れることができて、ほんとうによかった。


スポンサーサイト
web拍手 by FC2

01

28

コメント

天才バカボンをみているよ

今日も特にはなにもなし。
テレビ大阪で、「天才バカボン」が再放送されているので見ている。
西からのぼったおひさまが東へし~ず~む~♪
覚えてる覚えてる。
バカボンのパパは、性根からゲスやなと思う話有り。
そして、デベソが有り得ないほどの嘲笑の対象になっており、びびる。
バカボンが、悪ガキどもに「お前のとうちゃんデベソ」と囲まれからかわれ涙ぐむといったガチないじめの現場が…
昔のアニメ…フリーダム…
バカボンのパパの「手しかない友達」の話をもう一度見たい。かなりのホラーだった。

ひみつのアッコちゃんをはじめ、昔のアニメをよく思い出す。

ドクタースランプ、鬼太郎、妖怪人間ベム、キテレツ大百科、パーマン、ミンキーモモ、あさりちゃん、未来少年コナン、クッキングパパ…
ツヨシしっかりしなさいとか。どんな話か忘れた。
ガンバのノロイがまじで怖かった。
ひょっこりひょうたん島の、顔が豹変するやつも怖かった。(アニメじゃねえ)
北斗の拳の、レイだか誰かの爪がバッ!とはがれるシーンに怯え、母に「爪がはがれるってどんななん!!」ってきいた。北斗の拳も相当怖かった。
そういえば、日曜日にはサザエさんが2回やってた。(私の地域だけか?)

web拍手 by FC2

01

28

コメント

私の采配

色んなブログを読んでいたら精神的ブラクラを踏むこともよくあり、嫌な思い出が鮮明さを増してよみがえり、殺意がわく。
いや、ブログ主に、ではなく。
私はよくわからない論理で説き伏せられる人生を送ってきたと思う。
「その論理はおかしい」と思っても、どこがどうおかしいのか言語にすることができず、沈黙してしまう。そして相手には「諾」と言っている、ようにみえてしまう。
「その論理はおかしい」と思って、言語化できるときもあるが、自信を持って強く言えないのであまり意味はない。

このようなことを考えていると怒りで眠れなくなってくる。

私は気分転換に、一人暮らしをする妄想をする。
私がすべてを采配できる人生を考える。
6畳くらいのワンルーム、狭くてもいいからクローゼットがあるといい。
小さい冷蔵庫と小さい台所。食器棚はいらない。
トイレと風呂は一緒でいい。私はもう風呂でリラックスすることはないから。狭い風呂でいいのだ。
ベランダがあるといい。洗濯物が干しやすい。
おしゃれな部屋にするつもりはない。小物を置くと埃をかぶる。
かといって、ミニマリストみたいに「なにもない」のも目指してはいない。
テレビは見たいのでテレビは置く。
ノートパソコンが1台。
本はできるだけ電子書籍にしたいので電子書籍リーダーを買う。これで本棚はいらないだろう。
ベッドはいらない。布団を敷いて寝る。
小さいローテーブル、座椅子がひとつ。
おしゃれをする気力がないので服は必用最低限持つ。靴も。
私はそこから仕事に通う。
私が就けるのは、賃金が安いかわりに、責任はなく、誰がやっても同じような、すげ替えの利く仕事だろう。
私はただ生活をしていく。
毎日同じような服を着て、あの人何が楽しくて生きてるんでしょうねって周りに言われているかもしれない。
家には誰も訪ねてこない。だから客用のものなど用意しなくていい。
ただ、私が使うためだけの、必用最低限なものに囲まれて暮らすのだ。
なんて孤独でパラダイスなんだろう。

web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad