12

30

コメント

今年はこんなかんじ

最近は旦那だけではなく娘と一緒にいるのも相当にしんどく、私はこの家族でやっていけるんだろうかと本気で思うときがある。
生活の全てがしんどくなってくる。
時々楽しいことがあってしんどさを忘れるけどそれは本当に刹那のできごと、私が油断すればすぐにしんどい生活が私の背中にのしかかる。
旦那は私に「勝手したいのなら稼いでこい」みたいなことを言うので、私が旦那より稼いだら旦那のことはゴミクズみたいに扱ってもよいのかなと思う。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

12

29

コメント

ぱーん

うわウッザ、って前の記事読んでて思ったのでジャルジャルはいったんおいておこう。
しかし、楽しいものをみつけて私は、グダグダ悩んでいたこと(ふたりめとかふたりめとかふたりめとか)が結構どうでもよくなり、「もうええやん」「あたいはこれでいく」みたいな、そんな気持ちに今なってる。年末マジックかもしれない。
年末マジックってなんだろうね。

まあ、悩みっていうよりかは、恨み辛みめいたものだったな。
「娯楽」が浄化してくれたんだなとおもいます。

しかし現状はあまり変わらないので、考えることはけっこうある。

web拍手 by FC2

12

29

コメント

そして私は

返さなければならないDVDがあったのでTSUTAYAに行ったのがまずかった。
思わずお笑いコーナーをチェックしてしまい、ジャルジャルDVDを見つけてしまい、(見つける気満々やが)
あああ!と思いながらパッケージを見て、コントライブ映像…
そしてコントのラインナップを確認したらもうだめだった。
私の…思い出の(?)…「おばはん絡み」があるやないか…
「屁の足音」「男か女かわからん奴」てなに…
見るしか…ないやん…??

そして見た。私はジャルジャルコントDVDをみた。
そらもう、わっくわくで期待しまくって見た。
ジャルジャルさま、おねがいしゃす!みたいな。
既にわけがわからないけど、面白かった、私は転げ回って笑った。
笑いながら、私は「なんで、私はジャルジャルなんだ?」ということをまだ考えていた。



以下ウザすぎるジャルジャル考察

ジャルジャルのふたりは、「決まったキャラクター」みたいなものがあまりなくて、
しかも二人の見た目にも差異はない。
身長体重も似たようなものなので(確認済)、そこが印象に残りにくい。中肉中背ってやつか。顔も、めっちゃ男前なわけでもないしブサイクなわけでもない。
ほかのお笑いコンビ、たとえば「THEMANZAI」に出ていたコンビを見てみると、キャラクター立ちまくり。コンビの二人の差異というか、キャラクター、個性の違いははっきりと見てとれる。
それに比べてジャルジャルのふたりの差異のなさ。福徳と後藤は、すごくよく似ているんじゃないか。
そして、「ボケ」と「ツッコミ」の区別がない。
お互いがボケて、お互いがツッコミ合っている。
(この手法は笑い飯もしているんだけど…今は違いの説明ができん。)
コントでも、どちらも「おかしい奴」と「おかしい奴につっこむ奴」になっている。
時には両方「おかしい奴」になり、途中から「つっこむ奴」も「おかしい奴」になっていったりする。
そしてふたりとも、「おかしい奴」になったときのキレがすごい。
そして、再確認するのだ。
「ふたりとも、おかしいんやな、」と。
そしてその「おかしさ」も、私の想像の斜め上どころか違う時空間をワープしたところへ行くので、もう、「次どうなるねん!」って見たくなる。
あの普通に見えるふたりともが、あのおかしいネタを作っているようだ。
ふたりが作ってるのか…ほうほう…そうすると…
「おかしさ」のベクトルがふたりともぴったり同じ方向を向いているんだな!そうとしか思えない!よかった!ジャルジャルのふたりが出会えてほんとうによかった!ってそう思えてくる。
宇宙に乾杯。
中肉中背の個性のないふたりの個性はその「おかしい」ネタなので、迷走しなくてもいいんだよってすげー思うけどヌード写真集ちっと見せてくれよって矛盾する私。(しかし迷走したジャルジャルも笑える、おもろい)

そして、今更Wikipediaを見てみると、
お笑いの大会で審査員に「根源的に着眼点が違い、指向性も方法論もスキルも圧倒的で、底知れぬオリジナリティを感じさせる」って評されてるの読んで、私は「あ、それです、それ。」って今拍子抜けしてる。
こうやって、私が感じていることはどこかの誰かがキレーに言語化してくれてんだよね。


もうひとつ、私はアニメの「おそ松さん」もすげーおもしろいわって思って、オープニングのCDをジャルジャルDVDとともに借りてきて、めっちゃ聞いてる。
「はなまるぴっぴはよいこだけ」、中毒になる。
おそ松もへらへら笑いつつ、ぐちゃぐちゃ考えながら見てる。
考察しながらお笑いみたりアニメみるのは疲れるが楽しい、よ。
web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad