02

25

コメント

おばちゃん!

昨日、実家に親戚の子が来ていて、
もはやどういう関係かわからないけどとにかく来ていた。

小1の双子の女の子で家の中を動き回り、
私を「おばちゃん」と呼んだ。
あ、私っておばちゃんなんだ!
そらそうだ。
1歳の子供を抱えて「おねえちゃん」はないわなあ。
そんなにショックではなかったけど
慣れていなかったのでたじろいだ。
これからおばちゃんに慣れていかねばならぬ。

大阪土産のお菓子をあげたら、
でっかいでっかい声で「ありがとお!」と言われた。
結構嬉しいもんですね。

あと、娘は「赤ちゃん」って呼ばれてた。
私の中では、もう娘は「赤ちゃん」ではなかったのだけど
(歩いているし、おっぱいも卒業したし)
傍から見ればまだまだ赤ちゃんなんだった。

思い起こせば「おばちゃん」と初めて呼ばれたのは
19歳の時だった。
当時、通っていた大学の学食でバイトしていた私、
「おばちゃーん」って学生が呼ぶから
「ハイ」って対応したらさすがに謝られた当時。
まだ大学1回生だったよ。


クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ
スポンサーサイト
web拍手 by FC2

02

24

コメント

私には友達がいた!

友達の結婚式は、想像の5倍くらい楽しく、
久しぶりに会った友達(一緒に招待されてた)と喋れたことが
ものすごく嬉しかったのだった!!

久しぶりに合った友達は二人、高校のクラスメイト、
二人ともまだ独身だけど今年結婚が決まっていて幸せそう、
そんで美女になっていて
そして仕事のことなどを根掘り葉掘り聞いて
しがない専業主婦であるところの自分を「うわああああ!」って思ったり、
した。
久しぶりに同年代の女子と喋り、
「私、友達いたんだ!」ということが分かって嬉しかった。
なんていうか、近所に住みたい。
みんな地元で結婚して、私だけなんか遠いところへ行ってて
気軽に会えないのが淋しいなあ。

で、結婚式の主役である友達はやはり喋る暇なんてないよね。
いろんな衣装を着て、新郎新婦の席にニコニコ座っている彼女を
バシバシ写真撮るだけ…

でも楽しかった、ぜんぶがきらきらしてた、新郎のお母さんが号泣してた、
花がきれいだった、新婦(友達)のお母さんが私のことを覚えていてくれていた。


…家に帰ると、父がくたびれ果てた様子で
「1時間くらい泣いてた」という。
娘である。そういえば、私は娘がいたんだった。
祖母(娘にとっては曾祖母)が寝かしつけてくれたけど…

何時間か、私は娘のことなんて忘れてた。
ごめん、でもそれですごい元気になった。
ありがとうありがとう。
私は元気をチャージした!!
これであと3ヶ月は頑張れそう。


クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ web拍手 by FC2

02

22

コメント

実家へ帰らせていただきますッ!!

明日は実家へ帰る。
もちろん娘もつれてゆく。
ほんで友達の結婚式だ!
これは娘は留守番。

さて、なじみの美容院に予約を入れたし、
ワンピースや靴、鞄、アクセサリーは昨日実家へ送った。
ご祝儀、袱紗も用意した!
ダメダメなのは、化粧ノリ最悪の私の顔と荒れ放題の手のみ!

…もういやや…
爪、ネイルくらいは塗って行かないと…
あとピーリングして保湿頑張らんと…
手入れっていう手入れをしていないからこんなことに。

でも楽しみ。
高校の時のクラスメイトと、8年ぶりに会う。
久闊を叙したいと思う。
二次会のお誘いも来たけど、
22時からということで、
しかしそれはいくらなんでも実家に娘を預けっぱなしにはできないから
不参加にした…
すごく…いきたかった…

あと、実家では娘の散髪をする予定!
筆を作ってもらうのです。
ちょうど近くの理髪店が赤ちゃん筆を扱っていてこれ幸いとばかりに申し込んだ。

わー、新幹線に乗れる、美容院に行ける、友達に会える、
おめかしできる、美味しいものが食べられる、友達の晴れ姿を見れる、
お母さんに会える、娘を両親、祖父母に見せることができる!
わーいわーい

…とか思って浮かれてたら何の予兆もなくデジカメぶっ壊れた。
レンズが仕舞われなくなり、死んでしまった。
はあああ!
ということで、これまた8年くらい前のデジカメを出動させる。
少し画像が荒いけど、全然、イケる。
…こうして、昔のデジカメとも久闊を叙したのであった。

クリックしてみてね。

育児日記 ブログランキングへ web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad