FC2ブログ

02

03

コメント

「火垂るの墓」に悪者はいなかった

「おおかみこどもの雨と雪」に続き、録画してたまった映画を見なくては、と
すごく見るのが嫌だったけど「火垂るの墓」を観ることにした。

ああいやだいやだ観たくないと思いながら(じゃあやめればいいのに…)再生ボタンを押して、
で、開始2分くらいで泣けてきて、もう何度も観ているわかりきったストーリーが進むにつれて苦しくなり、
苦しすぎてゲロ吐きそうになったので途中でやめた。
3分の1も観られなかった。


子供の頃は、ひたすら清太と節子がかわいそうだった。それだけで観ていた。
あの親戚の西宮のおばさんが悪い、戦争が悪い、清太と節子の二人に冷たい全てが悪い。
それで私は心の均衡を保ち、最後まで観ることが出来ていた。

大人になった今の私は、あの一番の悪者、親戚の西宮のおばさんは悪いわけではないということに気付いてしまった。
あの時代は、ああなるしかないのだ。
食料も物資もない時代に、子供二人を養っていくっていうのはとてもしんどいことだったのだ。
おばさんには、余裕がなかった。
戦争が始まる前は、清太と節子を温かく迎えてくれる、面倒見のいいおばさんだったのではないか。
そしてほかの大人たちも、親を亡くした子供二人をかまってやれるほどの余裕は、全くなかったのだろう。

戦争が悪い、っていうのも、どうも違うような気がした。
「そういう時代だったんだ」というどうしようもない揺るぎない事実を突き付けられているだけのような気がした。
私は「時代は選択できない」という言葉を思い出した。

以前、NHKの「プロフェッショナル仕事の流儀」で宮崎駿が特集されていた。
番組の中で宮崎駿は、映画「風立ちぬ」を制作していた。
「風立ちぬ」は戦争を始めんとする時代の中で、戦闘機を作る堀越二郎の映画だ。
宮崎駿は、「戦争の道具を作る人の映画を作る」ということに向き合っていた。
その番組内で、宮崎駿は「時代は選択できない」と語っていた。
私はその後に続く「時代の歪みの中で夢は変形され苦悩は解決されずに生きねばならない」
という言葉を覚えていたくてメモっておいたのだけど
「時代は選択できない」っていうの、これ、私の「火垂るの墓を見た感想」にドンピシャリだったっていうか
うまくいえないけど、私は「火垂るの墓」を見ていてそれを思い出して、
やっぱりどうしようもなくなり、私が求めている救いは全くどこにもなくて、
ただ、ふたりの兄妹がこうして死んでいったよ、という事実のみを見させられているような気がして
ゲロ吐きそうになった、と。

頭上すれすれに感じるほど低く飛んだ敵方の飛行機、
それから落とされる焼夷弾、燃える町、燃える人、包帯ぐるぐる巻きになって死んでいったお母さん。
そういう時代だった、誰も悪くなかった、人が死んで当たり前だった、殺して当たり前だった。
そういう時代があった。それだけです。

しかし…一番観ていられない原因、それは節子が娘に見えることだった。
丸い頬やでかい頭、ぷくぷくした短い手足、白い肌、パッツン前髪などが娘とダブる。
「兄ちゃんおしっこ」「お母ちゃんとこ行きたい」「お母ちゃんまだキイキ悪いの?」
…駄目だ、観ていられない。


こんなんだったら一生火垂るの墓見られん…

育児日記 ブログランキングへ
web拍手 by FC2

02

01

コメント

逃げの妄想、2連発!!

履歴書を書かなければいけないのに、妄想が止まらない。

私はずっと、「おおかみこどもの雨と雪」がどうしたら私好みになるのかをずっと考えている。

結論:子供、いらねえな。あのおおかみおとこが生きてて、狼と人間のはざまで揺れ動きまくる。
それを健気に見つめる&受け止める&受け入れる花。やがて二人は結婚するが子供はつくらない。
こんなつらい思いをするのはオレで最後だ。BYおおかみおとこ。
ま、最後はおおかみおとこが、雨みたいに狼の道を選んじゃうってのが私の理想。
…なにこの話、くそつまんない。


おかあさんといっしょの今月の歌、「冬の娘リッカロッカ」についても妄想。

さて、冬がリッカロッカを連れてくるのか、リッカロッカが冬を連れてくるのか、わからない。
リッカロッカは、きっと子供にしか見えない。
ある一定の年齢になったら見えなくなるんだろう。
恋をしたとか、雪ではしゃぐことよりもっと夢中になれるものを見つけた時だ。
あっさりと、リッカロッカのことは忘れてしまう。
そして少年(誰だよ…)は大人になり、結婚をし、子供をもうける。
その子供が雪の中で遊ぶ姿を見て、少年だった男性は思い出すのだ。そう、リッカロッカを…
な~んつってな。
あ、これは良いぞ、誰か漫画にして。

日本バージョンにしてもいい。
たき火を飛び越える祭りは、もちろんどんど焼きだ。
飛び越えられないけど。


スッキリ。これで志望動機を考えられる。

育児日記 ブログランキングへ
web拍手 by FC2

01

30

コメント

おおかみこどもの雨と雪が一昨年から気になっていたがやっと見た

一昨年「おおかみこどもの雨と雪が気になる」と言う記事を書いて、
件の「おおかみこども」を金曜ロードショー待ちしてた。
去年の年末にやっとこさ放送してくれたので録画した。
それをやっと見た。


……

だいぶクソだった。
以下感想。


続きを読む

web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad

FC2 Management