05

28

コメント

苦しみの原因は自身にあるのだよ

今日は激つかれた。
激つかれたんや。


夫を怒らせると面倒くさい、ということはわかっているのに何回も怒らせてしまうしまわりの人も夫を怒らせるので、私は一日になんかいも凍りつかなきゃならないのがつかれる。
憂鬱で死にたくなってくる
のと
もうどうでもいいや、とばかみたいに明るくなる時が交互にやってくる。
頭が痛い。

やっぱりさっさと人生終わらないかなとおもう。

がんばらなきゃ、感謝しなきゃ、しんどい、私は恵まれてる、楽しいこともある、娘もかわいい、もう嫌だ、義両親もやさしい、友達もいる、疲れた、好きなものも買える、健康だし五体満足、借金もない…
私は恵まれている…
そんなふうな毎日。
時々あらわれる鬱の感情が強すぎて、早く死にたいという結論になってしまうのだった。

憂鬱になると、
遠くに離れて暮らしているお母さんのことをいつも考えてしまう。お母さんの運命について考えてしまう。今年の母の日に、意味不明な手紙を送ってしまった。
私にはもうお父さんはいない。お父さんがいないことに私はすっかり慣れてしまった。お父さんがいないことに慣れてしまったことが私はお母さんに申し訳ないと思っている。お父さんがいないことがお母さんを苦しめているのに私は慣れてしまった。申し訳がない。
そして次にお父さんのことを考える。
私は色々な本を読んで、お父さんのことを見つめ直しているがお父さんの異常さばかりが浮き彫りになり、心が冷えていくこともある。こんなことをしてなんになる、お父さんは死んでしまったかわいそうなお父さんなのだから死を悼む以外にすることがあるのかと思うけどやめられない。これを共有できるのは妹だけなのだけれど妹の方が傷は根深く安易に触ってはいけないような気がしてひとりで調べては冷え冷えとしている。
お父さんはお酒がやめられなかった。異常なほどに。それが、ただその一点だけが、私の中に「?」を植えて、それが肥大化し続けていた。
依存症、アルコール中毒…あまり考えたくない単語を調べ尽くして、ああ、と気落ちする。お父さんは、やっぱり。
「?」が「!」になってゆく。
今度は自身に目を向ける。
私はイネイブラーだった、私は嫌な場面からはいつも逃げて、当事者ではないという顔をしていた。私には関係ない。私は気にならない。だって私が責任を取るわけではないから。
お父さんが酔っぱらい始めたらすぐわかる。私は別の部屋に逃げて、寝てしまう。
見たくないしからまれたくないし同じ話ばかりされるのは本当に嫌だし怒りっぽくなるし。お酒をやめてほしいとは思っていたが口に出すことはなかった。だらしない姿を見ると気が滅入った。だから私は逃げ続けた。(お酒を飲まないときのお父さんは楽しくて好きだった。その落差がまた嫌だった)
その、当事者ではない、関係ないという考えが私の根本にあり、今もそうだと思う。
それが夫を怒らせる。ような気がする。
わかったからといって簡単に自身は変えられない。もう33年も生きてきた。
33年、なにをしてきたんだろうか。
毎日憂鬱な気分を引きずって、自分には関係ないと思いながら、閉じ籠る。
他人に興味も持てない。友達も年々減っている。それでもそれでいいと思っている。
私のいちばんだめなところは、これでいいと思っているところで、そんな私を変えようとする夫にはかなりの敵意を持ってしまっている、そんなことを今日は考えていました。苦しい。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2

05

27

コメント

更新日チェック

今日は録画していた「架空OL日記」を見て初めて笑う。「紅茶の残像」笑う。相変わらずエンディング曲にぞわわ。
いつも「水曜日のダウンタウン」も見て笑う。小峠が出てきただけで笑う。
「月曜から夜ふかし」にも桐谷さん出てきて笑う。やばい。イギリスのヘビメタバンドメンバーが桐谷さんTシャツ着てるニュースは奇跡的に面白い。世界仰天ニュース並み。

こうして見たテレビのことしか話すことのない主婦、それはそれで楽しく、テレビの他にはWeb漫画の更新日をチェックし日付が変わるとともにアクセスするというのが楽しくてやめらんないすね。
やはり一番のWeb漫画は「堕天作戦」だな…これは譲れない。
次点が「バイオレンスアクション」かな。最近気付いたけど、殺し屋の漫画がけっこう好きだ。殺し屋は強いから好きだ。
数年追いかけているBL漫画もある、「五十嵐くんと中原くん」という直球タイトルなんだけれどもこれは進むのが遅すぎて途中でBLだということを忘れてただの青春漫画(つらめ)を読んでいる気分だった。
けど最近やっと話が進む、青春がまぶしい。展開が遅いやつっていいですよね、世界観がしっかり定着しますし魅力的な女性キャラが出てきたりして。私女性が活躍するBLけっこう好きなんですよだって生活感出るじゃないですか男だけの世界なんかわたしゃ求めてないんですよ求めている人もいますが私はそうではないのです。わかりますかって誰かに言いたかった。誰もいなかった。
コミコでやってた百合漫画「ときめく気分」はずっと好きだったけど作者が病気みたいでずっと休載…(大丈夫なんだろうか)。これも展開が遅くてよかったですよね、お互い気になってるのがヒリヒリと伝わり毎週キャーキャーでしたものね、リアはかわいいし白雪は美人だしで過去の男なんかも出てきて生活感が(以下略)なので一冊の本にまとめてくれないですかね。


あとはエッセイ漫画、「離婚してもいいですか」はめちゃめちゃつらいし、「ど根性ガエルの娘」もめちゃめちゃつらい。でもいちばんつらいのは「酔うと化け物になる父がつらい」で、これはアル中お父さんの家庭が崩壊していく様子がわかる漫画なのだけど、アル中お父さんの様子が、自分の父とかぶるときが多々あってつらすぎる。
素面のときと、酔ったときの落差が激しすぎるとか…やべ、やばかったんだ、やっぱりやばかったんだね。と今になって思う。


あれ?好きな漫画のはなししてたのにヘビーになってしまった。
すいません。





web拍手 by FC2

05

26

コメント

タピオカミルクティー

私はタピオカミルクティーが好きなんだが、こないだのグレーテルのかまどはタピオカミルクティー回(再放送っぽいけど)で、いてもたってもいられず、タピオカミルクティーが作りたいしのみたいしなんなら台湾にいきたいと思った。

人生で初めてタピオカミルクティーを飲んだのは17歳、高校の修学旅行で行った中華街だった。
友達が「これ前和田アキ子がテレビで飲んでたよ!知ってる!?」と言ったそれは黒いつぶつぶが沈殿している妙なのみもの、飲んでみようという話になったが肉まんなどを食べておなかいっぱいだし、マクドナルドのLサイズくらいある容器になみなみのミルクティーはツライ!ということで友達と半分こすることにした。
同じ班の他の子は何故か遠巻きに私たちを見つめていた。(なにそれ…?みたいなかんじで)
見たことのないぶっといストローを吸い込んでみるとでかいタピオカがコントロール不能で口のなかに飛び込んできて「!!!」となったがとてもおいしかった。
友達とふたり、これはタピオカが食べたいと思ってもミルクティーばっか出てくるな!っつって笑いながら飲んだ。

それから私はタピオカミルクティーが好きだ。ココナツミルクティーや、ジャスミンミルクティーなんかもあって超かわいい、超おいしい、超好き。
都会に行くとタピオカドリンク屋がたくさんある。ついつい買って飲む。娘は「もちもちのミルクティー」と覚えた。娘も大好きだ。
あのとき友達が教えてくれなかったとしても、どこかで出会っていたんだろうけど、修学旅行の中華街で、あの子が教えてくれたという事実が私の中のタピオカミルクティーの価値を上げていることは間違いない。

業務スーパーにあるってネットにあったんだけど近くの業務スーパーにはおいてなかったぞ…どこにいけばええんや…!


web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

アクセスカウンター

Designed by

Ad