FC2ブログ

10

29

コメント

そんなに言うんなら直接言えよ

今週は、「夢の端々」(漫画です)を買いに本屋に走った。
このブログではおなじみ(?)、いつものオシャレ本屋にいきました。
いつものオシャレ本屋~オシャレかしらんが漫画売場はマジでクソ~では、大判の漫画は新刊コーナーではないクソな位置に並べられているのでそのクソ棚から本を上下巻抜いたら、隣に表紙を見せる感じで並べてあった本が倒れまくるクソ事態に。
こういう雑いところがほんっっとうにあれであれだ。
シュリンクかかってるからつるつる滑るの当たり前なのに本で本を支えてるからこういうことになるんだ。
漫画をゴミとしか思っていないのがうかがえる。
通路にはどでかい島(体感面積、ベビーベッド)がバーンと置いてあって邪魔オブ邪魔だし、その島は1年くらい同じ漫画が並べてあって、その漫画のことすら嫌いになってくるっていうすごいやり方。
せっかく邪魔オブ邪魔の島置いてんだから、こまめに中身入れ換えてよ、邪魔だなあってみんな見るじゃん、邪魔なりに見るじゃん、見るたびに内容変わってたら「おっ?」って思うじゃん、いまは「まぁ~だこの漫画置いてんのかサボりやがって!」としか思えない。
近いし、文芸コーナーはそれなりにみられるので行ってるけど本当になんとかしてくれ…頼む…漫画をクソ扱いしないで…やる気を見せて…
でも文芸もいまいちだからな、調子に乗らないでいただきたい。ネットで話題になった本は全く置いてないな。2、3か月経ったら平積みになるな。遅い。もう買ったわ。他の店で。ってなること数回、だ。
オシャレ台湾雑貨仕入れてる暇があるんなら本仕入れろ。


本屋でこんなにキレてるのもどうかと思うんだけど、ホルモンバランスの崩れた36歳なんてこんなもんで、その本屋よりクソってことだ。


「夢の端々」は、老女が老女を訪ねるところから始まるどえらい百合漫画です。
上下巻でまとまって発売される、2冊並べたら素敵になる表紙の漫画が好きだなと思う…
スポンサーサイト



web拍手 by FC2

10

23

コメント

ニューヨークの夜は寒い

そういえば、先週は「A子さんの恋人」最終巻を買いに走った。
いままでにない、怒濤の心情垂れ流しでなんだかついていくのがやっとで、久しぶりに漫画で泣いた。
私はずーっとA太郎のことが嫌いだった。
いやもう本当に。マジで。蛇蝎のごとく。
えいこを支配するのやめて、ぬるっとまとわりつかないで、とずっと思ってたから、読みながら、えいこちゃん、A太郎に優しくすんのやめて!もう読みたくない!!とまで思った。
私はA君が好きだ…A君は全然出てこなかった。さみしいけど、ドアのむこうにはA君がいた。
終わりが1巻のはじまりに収束していって、それが全部弾けとんで無くなった。


私は、あとはけいこちゃんか好きでした。
「エディトリアルデザイナー」という単語を知りました。
いい漫画を読んだ、何年か楽しめたなあ。
(1巻を読み返したら、キャラクターが丸くてかわいかった…そうそう、近藤聡乃の絵はこれだった、としみじみ。)






でもまた今週漫画で泣いてる。
またアプリで「ぼくらの」を一気に公開してて…切江くんあたりからずっと泣いてる。
愛子ちゃんの「アイドルみたいだね、アイドルみたい?」というセリフはよく覚えてて、これいつでも泣ける。
でも時々「服めちゃくちゃダサい」と思ってしまうときがあるので、泣きながら笑ったりもできるとても良い漫画です。
なるたるも読みたくなってきた。いまだに理解できてない話がある。売ったから手元にないけど。

web拍手 by FC2

10

19

コメント

メルシー、トリステス

ヒプノシスマイクのアニメ面白いな…なんやかんやで…
やっぱりマイクが武器ってシュールで面白い。
独歩がふらふら歩いてて、向かいから歩いてた見ず知らずの女性にぶつかって「どこ見て歩いてんのよ!」と罵声を浴びせられてたとき、「お!やはり女の方が偉ぶってんのか!?この世界は!」と思ったりもしたが、
どうなんすかね。独歩が存在感ない奴っていう演出なだけだろうけど。


おそ松さん3期も面白かった。
相変わらず1話めはメタ的にぶっとばしてアニメにしかできない手法で全力でやらかすっていうスタイルで楽しい。
オープニングもエンディングも楽しい。
でも、あれ??キャラクターデザインの人変わってる…?


相変わらず世間は鬼滅の刃一色で、映画が公開されて、やんややんや、あの曲を聞かない日はないというあれで、娘もはまってるし、ちょっとノイローゼ気味にもなりつつ、ありがとう悲しみよ、私はタイミングを逃しまくってこの現在。このまま人生を終えそうだ。
読書履歴をあさってみたら、3年前に1巻だけ読んで「絵がかわいい」といううっっすい感想だけ残して、切っていた。私の先見の明のなさにはびっくりする。
職場には、さっそく映画をキメてきた人もいて、私が奥さんがオタクなんじゃないかとにらんでいる人だったから「奥さんと行ったんですか」ってきいたら、そうだよ、と答えた、やっぱりね…うふふ…
なんか色々ききたかったけど、やめた。
私は鬼滅の刃を見ていないトンチンカンで行くことにする。そうすればオタクだとばれないだろう。



web拍手 by FC2

プロフィール

Author:とり子
33歳主婦、
夫と娘がひとりずつ。

本を読んだりアニメを見たり呪ったり。


私の・私による・私のためだけの・読書日記もつけています。
ただ読んだ本を記録していくだけのここ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Designed by

Ad